今日は大晦日ではないですか!!

このきんとんの御銘は「冬の空」です。赤みのない凍るような水色の空ですね。餡にはドライジンが練り込まれていて大人な香りです(イロドリ製)

今年のことをはっきりと覚えていないのはなぜでしょう。
年を重ねたから?本当に忙しい毎日だったから?
寒いね暑いね寒いねを繰り返していたら今日を迎えたという感じです。
謎。

軽井沢で手に入れたもみの枝をクリスマスから再利用しています。半紙を切った紙垂(よれてます。。)花屋さんで購入した注連縄、餅花を金銀水引で束ねてお正月っぽくなりました。

お正月準備も充分にできず、毎年恒例のおせち料理作りも超縮小です。。。
数の子や黒豆を今日から仕込むという、あーあ…な状況です(涙)

いただいた新聞紙の包みを開くとお正月のお花が!そのまま李朝鉄釉の壺に。

それでもお正月のお飾りは済ませました!
松の内、ゆっくりとお正月気分を味わいたいと思います。

博多曲物の御膳に、三番叟のおさるさんを乗せました。このおさるさんは香合です。

みなさまの2021年は素敵でしたか?
2022年はさらにきらきらと輝く時間を過ごせますように。

鏡餅は素焼きの陶器製を長い間愛用しています。

日本を大寒波が包んでいる年末年始になりました、温かくなさってお健やかに。どうぞよいお年をお迎えくださいますよう。

瑠璃