温かな言葉に癒されると話題の産婦人科医、高尾美穂先生。女性の揺れがちな体や心の悩みを軽くしてくれる「ミモレ」の人気連載と書き下ろしを1冊にまとめた新刊『大丈夫だよ 女性ホルモンと人生のお話111』(講談社)が、5月27日に発売となりました! この本に込められた高尾先生の思いを、あらためて伺ってみました。

 

「大丈夫」という言葉には、目に見えないパワーが宿る


――今回の新刊は、「生理とうまく付き合えば大丈夫」「更年期は必ずやってくる。でも大丈夫」「体を動かせば大丈夫!」「こころが不安でも大丈夫。」などという章に分かれていて、女性が人生において直面する、さまざまな体と心の問題について、“これを知っておけば大丈夫”というたくさんのお話が紹介されています。
高尾先生は、この本のタイトルにもなっている「大丈夫」という言葉が、もともと大好きだとおっしゃっていましたよね。

 

高尾先生:そうなんです。私は毎年、新年にヨガのワークショップを開催していて、参加者のみなさんに、「3文字熟語で1年の抱負を表してみましょう」と提案することがあります。そういうときも自分で「大丈夫」という言葉を選んだことがあるくらい、この言葉が好きなんですよね。
大丈夫って、すごく幅がある言葉ですよね。“絶対的に大丈夫”という意味でも使われるし、“大丈夫なんじゃない?”という許容範囲が広めの意味でも使われるし、やせ我慢をして言う“大丈夫”もある。
そんなふうにいろんな意味をもつ言葉だけど、何か不安なことがあったとき、信頼できる誰かに「大丈夫」って言われたり、自分で自分に「大丈夫」と言い聞かせられたら、心を強く保てたという経験は誰にでもあるんじゃないでしょうか。「大丈夫」という言葉には目に見えないパワーが宿っているように思うんです。

 

――女性は人生の大半を女性ホルモンに振り回されることもあって、不安になることも多いので、確かに「大丈夫」という言葉はとても力になる気がします。

高尾先生:この本で言いたかったのは、普段から自分で「大丈夫」と思えるような取り組みをしておくことが大事だということです。
たとえば産後だったり、更年期だったり、女性は人生で心や体が揺さぶられる場面がいくつもあると思うけれど、それは自分のせいじゃなくて、女性ホルモンのせいだって知っておくだけでも「大丈夫」と思えると思うんです。
それに、今は対策方法もさまざま用意されていて、何をすれば軽くすることができるかわかっている時代。自分でできることはいろいろあるから、それを知っておいて実際にやっておけば、自分で「大丈夫」と思えることが増えて、人生が楽になる。
そんなふうに、自分に向けて自分でOKを出せるようにしておくことが大事というのが、この本の大事な軸なんですよね。

――「対策方法がある時代」とはいえ、周りの更年期の不調に悩む女性たちと話していると、ものすごくつらい状態なのにHRT(ホルモン補充療法)という基本的な選択肢があることも知らなかったりします。

高尾先生:正しい情報を持っている人と持っていない人の差は大きいですよね。更年期の対策もまだ知らない人も多いし、知っていても正しく理解していない人もいます。
でも、心と比べたら体はシンプルで、しておくといいこともはっきりしている時代だから、あらかじめ知っておけば、いざ困ったら試してみることができる。
更年期は特に、心にも体にもいろんな不調が出るために、みなさん頭の中が混乱してしまっていることが多いですが、更年期の不調の改善のためにできることは、「足りないエストロゲンを足す」「全体を底上げする漢方」「生活習慣の改善」の3つとシンプル。この3つがあると知っておけばいいんです。
不調が出たとき、何もできないと思うと霧の中にいるみたいになってしまいますが、できることがあるとわかると、視界は開けますよね。
そのためにも、この本を役立てていただけたらと思います。

 


誰にでも大丈夫な部分と、大丈夫じゃない部分がある


――今回の新刊には、女性の人生におけるさまざまな悩みが取り上げられていますが、自分にも当てはまる悩みもあれば、自分では思ったこともないような悩みもあって、悩みって本当に人それぞれなんだなとも思いました。

高尾先生:みんな何かしら大丈夫じゃない部分を持っているけれど、大丈夫な部分も持っている、ということなんです。
この本ではいろんなケースの悩みが紹介されているから、自分に当てはまらないことだったら、“このことについては、自分は不安を感じずに過ごせているんだな”と気づくことができるし、自分も同じように不安に感じることなら、“こんなふうに考えたら大丈夫なんじゃないか”という提案を手に入れることができる。
人の悩みや心配ごとを知ることって、本当に学びになるんですよね。
自分にとってはまったく心配じゃないことが、人にとっては心配だったりすることがあるんだなという想像力もつきますし。この本はそういう使い方をしてくれてもいいと思います。

――確かに、誰にでも、“ここは大丈夫”という部分は必ずありますもんね。

高尾先生:そうそう、全部が全部、大丈夫じゃないってことはないですからね。


医者の私が知っていることを、みんなが知ってくれたら、絶対いいことあるよ


――この本もそうですが、高尾先生は、今、いろいろなメディアで、女性の体や心のことについて、たくさんの情報を発信されています。
以前から、高尾先生は、発信されている情報を雨にたとえて、「私が降らせ続ける雨を受け取ってくれるのはみんな自身」とおっしゃっていますよね。

高尾先生:私は今回の本だけでなく、stand.fmの音声配信番組「高尾美穂からのリアルボイス」や、ツイッター、インスタ、YouTube、テレビ、雑誌など、いろいろなメディアで情報を発信をしていますが、私にとってこれはすべて、「みんなにいつもいつでも降らせ続けている雨」のイメージなんです。
その雨をどれだけキャッチするか、どの部分をキャッチするかは人それぞれでよくて、同じ人でも受け止め方はそのときの状況で変わると思うし、受け止めないときもある。それで全然いいと思うんです。
でも、いつも雨を降らせ続けていれば、必要な誰かが、必要な部分を、必要なときに受け取ってくれるんじゃないか。そんな思いで、私は発信を続けているんです。
だって、医者の私が知っていることを、みんなが知ってくれたら、絶対いいことあるよと思っているから(笑)。医者だけが知っておくのは、もったいない。
あらかじめ知っておけばいいことあるっていう話って、いちばんおいしくないですか?(笑) 私はそこを一番、伝えたいんですよね。困っちゃってから何かしましょうではなくて、“転ばぬ先の杖”。
それをいかにみんなに届けるかを考えたら、いろんなメディアで情報を発信できることほど、私にとってありがたいことはないんです。

 


高尾先生の、人の心をとらえる話術の秘密


――高尾先生は、お医者さんでありながら、一般の人にもわかりやすい言葉でお話ししてくださるところも人気の理由なのだと思います。

高尾先生:医者は学会などで医者同士で話すことが多いので、医者に対して話すのはみんな得意だと思うんです。医者なら誰でも持っている辞書の言葉で話せますからね。でも一般社会では、みんなそれぞれ持っている辞書が違うから、医者以外の人に話すときにも、お互いに共通の辞書の言葉で話しているという意識をもてるかどうかですよね。話したって、伝わっていなければ話す意味ありませんから(笑)。
あと、私はもともと、縦割りでなく横割りの勉強が好きなんです。婦人科の科を飛び越えて、睡眠のことと、自律神経のこと、生活習慣のこと、生き物の進化のことと、いろんなことを勉強するのが好きで。
誰かに何かを尋ねられたときも、これまでに勉強して得たいろんな情報をつなげて話すから、納得していただけるような答えを導き出せるのかもしれません。
いろんな知識を持っておくと、たとえ話も多くなるので、そうするとみなさん、よりイメージしやすいと思いますしね。

――先生は、そのような多くの知識をどんなふうにインプットされてきたんですか?

高尾先生:私は、2016年から3時間や4時間の講座を毎年山ほど開催してきたんですが、そのときに話した内容が全部頭に入っているので、いつでもどこでも話せます。
あと、婦人科以外の分野のことはまだまだ情報が薄いから、日頃から、いろんな文献を読んで勉強しています。すでに頭に入っている情報も、ガイドラインが変わったら刷新していかないといけないから、こまめにチェックして、毎年アップデートするようにもしています。

先生が勤めるクリニック「イーク表参道」の診察室にて。

――診察もして、ヨガも教えて、「リアルボイス」の音声配信もして、メディアの取材も受けてと、毎日ものすごく忙しいのに、勉強も欠かさない、そんな高尾先生のモチベーションは、一体どこにあるのでしょうか?

高尾先生:勉強って、私にとって楽しいことなんですよね。“このことをあの人に伝えたら喜ぶかも!”とか思うから、それがモチベーションになるんです。なんとなく学ぶよりも、これをいつアウトプットするぞと思って学ぶのでは、絶対に入り方が違うわけで。アウトプットをイメージしながらインプットすることがすごく大事だと思うんです。やはり大事なのはアウトプットですよね。
今回の本を出すのもアウトプット。そして最終目的地は、そのアウトプットを受け取ってくれた人が、いい感じに良く変わっていくこと。
私は健康に関わる仕事をしているから、その人の人生が良い状態になっていくところまで隣で眺めていられたら最高、と思ってます。
自分が診ている患者さんと違って、本を読んでくれた人はどんなふうに変わっていくかを知ることはできないけれど、きっと良く変わっていくと信じられるんです。だから、今回の本もできるだけ多くの人に読んでいただけたらとても嬉しいです。

そんな高尾先生の思いがいっぱい込められた新刊「大丈夫だよ 女性ホルモンと人生のお話111」。すべての女性に読んでいただきたい1冊です。

<新刊紹介>
『大丈夫だよ 女性ホルモンと人生のお話111』

著:産婦人科医  高尾美穂
定価:本体1600円(税別) 講談社


ミモレの連載と書き下ろしで構成された高尾先生の書籍が発売になりました!

女性ホルモンに振り回される人生前半の40年と、ホルモンがなくなり落ち着く後半40年、そしてその間にある更年期という嵐の10年間。
自分がいま人生のどの時点にいて、体と心はどういう状況になっているのか。それが把握できていれば、対策はあるのです。
この本では、高尾先生が日常でできる解決策を教え、解決策がないことならば違う角度でのとらえ方を提案。また、女性がラクになる生き方のアドバイスもたっぷりと。
女性ホルモンとうまく付き合い、自分の人生を自分でデザインしていくために。
高尾先生が優しく語る111の「こうすれば大丈夫」を、ぜひ生きる指針にしてみてください。


撮影/馬場わかな
ヘア&メイク/レイナ
取材・文/和田美穂
構成/松崎育子(編集部)


関連記事
女性は、人生で「うつ病」になりやすい3つのタイミングがあります【産婦人科医・高尾美穂】>>

生理痛・PMS・更年期障害...その不調、あなたのせいじゃないんです【産婦人科医・高尾美穂】>>

女性ホルモンを知ることは、自分の人生を知ることと同じ【産婦人科医・高尾美穂】>>

更年期の不調を強く感じる人と、感じない人の違いとは !? 【産婦人科医・高尾美穂】>>

婦人科でお股を見せるのが恥ずかしい人に知っておいてほしいこと【産婦人科医・高尾美穂】>>