こんにちは。

最近購入して以来、デイリーにものすごーく活躍してくれているのが、こちらのトートバッグです。

フランス語で「自由」を意味するLibertéの文字が入っているのもお気に入り♪

以前のYouTube内ではお見せしているけれど、ちゃんとご紹介したことがなかったですよね。このトートは、CSAO(サオ)というセネガルの会社で作られている製品です。

エコバッグはポケットなんてないことがほとんどですが、こちらはちゃんとポケット、そして裏地がついているのも、使いやすさのポイント。

パリでは、アフリカン ワックス・プリントというカラフルでモチーフが印象的な生地のアイテムをよく見かけます。

以前から、アフリカ系の人がその布で作った洋服を纏っているのを見るたびに、可愛いなあ〜と思っていました(その後、プリントされたモチーフはその家を象徴するアイテムが描かれるのだと聞きました。例えば魚屋さんだったら、魚とか)。

そんなアフリカン ワックス・プリントの鮮やかな生地をベースに、全てハンドメイドで刺繍が施されているのが、このCSAOのアイテムなんです。

CSAOは、1995年にフランス人のヴァレリー・シュルンベルジェさんが立ち上げ、今では彼女の娘であるオンディーヌさんが、アーティスティック・ディレクターとして製品開発をしているブランドだそう。

CSAOの会社で働くのは全てセネガル人女性。女性の社会的地位を築くのがまだまだ厳しいセネガルでの、経済的自立の支援ともなっています。

こちらのトートが気に入っている理由は、タイトル通り「エコバッグ以上、お洒落バッグ未満」という、絶妙な匙加減で使えるところ。

近所にご飯を食べに行く(でもエコバッグは流石にちょっとねえ)、ちょっとそこまでお買い物(でもスーパーじゃないからもう少しちゃんとしたい)、仕事だけれどお洒落バッグに物が入らない(サブバッグとして)、などなど、いろんな場面でちょうどいいんです。

布の華やかさと、刺繍の美しさと、きちんと裏地まであるので、くたっとなりすぎないシルエットのおかげじゃないかな〜と思ってます。

ちなみにこちらYouTubeのコメントで知ったのですが、日本でも購入できるそうですよ〜(スミマセン、どこで売ってるのかまでは知らないのですが)。

トートバッグにしては高いなあ……と最初は思ったのですが、活躍頻度的に考えると、十分お値段妥当な感じで気に入っております♪

さて、今週の新しいYouTube動画は、蚤の市やらなんやらで色々買いすぎて、物が増えた我が家の収納UP大作戦vlogになります。オットの人がDIYで棚を作ったり、私はカルトナージュというフランスの工芸にトライしてみたり。

左側にあるのが、オットの人がDIYした棚。なかなかいい感じでないですか??

以前ミモレレシピ連載でご紹介した、ピリ辛トマトクリームソースパスタの作り方も撮影したので、ぜひ観ていただけたら〜!

動画はこちらからどうぞ。

では皆さま、どうぞ良い週末をお過ごし下さい✨