先日見た、ある日本人女性を主人公にしたドキュメンタリーにて。ミモレ世代よりも上の世代であるその女性は、ハッと目を惹く引力のある笑顔が印象的。映像の後半で、その女性は「悲しいこと、つらいことを沢山経験してきたけれど、顔だけは悲しい印象にしたくなかったから、いつも笑顔で生きてきた」と語っていました。

 

喜怒哀楽、この4つの感情がどこかに滲み出る顔が真っ先に目を惹くという話を聞いたことがありますが、この女性は、喜・楽のある表情をされていました。そして顔には出さないようにしてきた怒・哀がその笑顔に深みを与えているのか、なんとも言えない魅力があり、とても惹きつけられました。前向きでいることを心がけた末に熟達した笑顔を手にしたその女性は、シックな色味で素材と仕立てが優秀な服のように独特の存在感を持っていました。素敵な先輩女性を見るたびに、歳を重ねることから怖さがなくなるのは私だけでしょうか?

ここでは紹介しきれないニューヨークで日々発見した生活を豊かにするとっておきのアレコレをインスタグラムで発信しています♫ ご興味ある方はフォローしてください。