こんにちは!

昨日6月16日は「和菓子の日」でした。
全国和菓子協会のHPによると、「西暦848年(承和15年・嘉祥元年)の夏、仁明天皇が御神託に基づいて、6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈誓し、「嘉祥」と改元したという古例にちなみます。」とのこと。
江戸時代には大広間に二万個を超える菓子を並べて、大名らに振る舞ったそう!
厄除けに餡子を食べるというのは知っていましたが、元々はこういう始まりだったんですね。

私もしっかり厄除けしてきました。

 

たいやき!

 

「浪花屋総本店」
麻布十番に用事があったので、「しろいくろ」の豆大福と迷ったんですが、焼き立てのたいやきがちょっと勝ちました。 

 

この皮の薄さ!パリッパリであっつあつ。
写真には写っていませんが、かじる度に湯気が出ています。
最初から最後までずっと餡子。ここが一番好きです。

 

メニューを見ていたらお代わりしたくなりましたが、我慢。

 

私の夏の定番は、冷やし白玉あずきです。あ、真夏は氷白玉かな。

帰りに二匹、テイクアウトもして。
あとは水無月を食べて、今年の後半も元気に過ごせそうです^^

それでは、また!