男性が約10年で、女性は約12年。これは日本人の平均寿命から健康寿命を引いた数字です。健康寿命とは健康上の問題がなく、自立して日常生活がおくれる期間のこと。つまり、死ぬまでに10年前後の寝たきりや認知症など介護の必要な期間が生じることになります。

最期まで元気に自立した人生を送るためにはどうしたらよいのか。米マウントサイナイ医科大学病院の老年医学科専門医、山田悠史先生が新著『最高の老後 「死ぬまで元気」を実現する5つのM』で掲げるのが「5つのM」です。

5つのM

Mobility……からだ(身体機能)
Mind……こころ(認知機能、精神状態)
Medications……くすり(ポリファーマシー)
Multi-complexity……よぼう(多様な疾患)
Matters Most to Me……いきがい(人生の優先順位)

2017年にカナダおよびアメリカの老年医学会で提唱された指標で、アメリカの老年医学界ではこの5つのMが、高齢者を診療する際の基本指針にされているといいます。

著者の山田悠史先生。去年の4月から1年間かけてミモレで連載した「最高の老後」を、忙しい仕事の合間にじっくり加筆・修正をして、今回1冊の本にまとめました。

「私が所属しているマウントサイナイ医科大学病院の老年医学科は世界でも最大規模なのですが、ここでは日々の診療も、研修医や医学生の教育の場面でも、5つのMを頻繁に活用しています。私は患者さんもこの視点を持つことが大事だと考えます。病院にかかる時は、どうしても目の前の症状、病名にとらわれてしまいますよね。でも、人間の体はたくさんの臓器や骨、筋肉からできています。特定の症状に集中し過ぎてしまうと、他で生じている不調を見逃してしまう恐れがあるのです」

例えば、腎機能が低下すると心臓や血管にも負担がかかる。つまり、腎臓の病気だからといって腎臓ばかりに意識を置いてしまうと、腎臓は守れても心臓を悪くしてしまう可能性があるそう。

また、心臓を守るためにベッドに横になって過ごすことで、足腰が弱くなってしまう場合もある。こうしたことが高齢になるほど起こりやすくなるのだと山田先生はいいます。

 

老化の速度は人それぞれ


「足腰も臓器も加齢にともなって老化するために起こりやすくなるわけですが、一方で、私は『老化』に対する考え方にも偏りがあると感じています。老化といえば皮膚のしわや認知機能の低下ばかりが注目されますが、実際はそれだけではなく、プロセスもスピードも人それぞれ。60代で寝たきりになる方もいれば、90歳を過ぎても元気に歩いている方もいるのです」

それなのに、日本は高齢というだけで治療の選択肢を制限したり、回避したりしてしまう傾向があるとか。山田先生がアメリカで最先端の老年医学を学んだのは、こうした日本の高齢者医療の現状に違和感を覚えたためだそう。

米国老年医学会の学会にて。

「5つのMは思い込みや一般論による偏った判断を防ぎ、その人に合った治療をするための指標であり、『最高の老後』ではそれぞれのMについて詳しく説明しています。5つのMを通して自分の体や治療について多角的に見ることができれば、医師に疑問をぶつけ、より自分の価値観に合った治療を受けることができるようになるはずです」

山田先生は、そもそも治療には医師、看護師、薬剤師、そして患者が一体となった「チームワーク」が重要だといいます。

「多くの方は医師が指示し、患者はそれに従うものだと思われているかもしれません。しかし、患者さんも治療チームの一員であることをしっかり認識してほしい。自身の問題なのだから指示を待つのではなく、治療方針を決めるメンバーの一員として考え、アクションを起こすことが大切です」

 
  • 1
  • 2