ミモレ読者のみなさま、こんにちは。あっついですね〜。今日は日本からのご挨拶です。先日、日本へ帰って来ました。うわぁ、まるでミストサウナのよう。お肌、潤うわ♡と喜んでいたのも束の間、めちゃくちゃ暑い……。

一年半ぶりに会う孫娘は、一気に成長していて、ますますおしゃべりになり、父と母も楽しそうです。

大人の手が増え、家事と育児から解放され、わたしもちょっとひと息ついています。

コロナ禍の日本一時帰国、飛行機に乗るのも久しぶり。とても神経を使い、緊張しました。今日はポイントを絞り、振り返ります。

MySOSアプリで事前準備ファストトラックは楽!

コロナ禍に対応し、スムーズな入国が可能なMySOSアプリで事前準備して行きました。ただアプリをインストールせずwebからやったらめちゃくちゃ時間がかかる、スマホに切り替えてアプリから入力した方がサクサク稼働しました。

検疫の入国前WEB手続「ファストトラック」のご案内ファストトラックのHP: www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack

入力は4項目。◯質問票◯誓約書◯ワクチン接種証明書◯検査証明書、既にふたり分の入力を終え、要領を得た夫と一緒に手続き。それでも、ひとり分の入力に、30分かかりました。正直、かなり面倒くさい……。忍耐力が試されます(笑)。

自分ひとりだったら、入力途中で離脱してそう……。入国してわかりましたが、これやっておくと後がめちゃくちゃ楽! ここは是非がんばって、入力を済ませておくことをお勧めします。未来への価値ある時間の投資です。

手元にパスポート番号、ワクチン接種証明書(日本政府が認めたもの)、検査証明書(出国前72時間以内のもの)を準備し、入力すると赤に
事前審査、進行中〜は黄色
センターでの登録内容の確認が完了するとアプリ画面が青に。この画面を確認して出国したかったので出発1日半前に登録しておきました。入国時はこの画面を提示し通過できるのでとっても早くて楽!これぞ、ファストトラック

チェックインは2時間半までに

2時間45分前に行ったら、エコノミーは、既にこの列でした。かなりの人が3時間前から来ていたようです。チェックイン手続きは2時間半前からスタートし、手続きを終えたのは1時間半後。この時点で疲労困憊……。旅は始まったばかりだけど。

2時間45分前でこの状態。コロナ禍前とはだいぶ変わりました

機内食はすっかり普通

ターキッシュエアラインズは機内食は美味しく、以前のように戻っていました。マスクやサニタイザーの配布は、今はもうありません。

ターキッシュエアラインズのエコノミー朝食。オムレツ、ハムトースト、サラダ、ミューズリー、パン
大人のアメニティー(ブルー)は歯ブラシ、靴下、アイマスク。キッズへのギフト&アメニティ(大人同様+キッズ用ヘッドフォン)

機内でスマホの充電を

チェックインから始まり、トランジットがあるとスマホをかなり使います。羽田空港に着いてからも到着連絡や、アプリの提示等なにかと使う。機内でしっかり充電を済ませておいた方が安心です。これは直近の帰国者からのアドバイスでした。

『The Great Gatsby・華麗なるギャツビー』を観ながら充電中〜

羽田空港は到着後かなり歩く、カートは早めに確保を

空港内を想像以上に歩きます。ビジネスバッグひとつでも重さはそれなり。カートを見つけたら是非利用を。置いてあるのが最初だけで、その先はずっとないので見つけた時に確保を。

飛行機を降り、じゃばら(ボーディングブリッジ)を抜けた右手に置いてありました

今年は周りもかなり帰国しています。日本の免許証の期限が切れてしまったり、親に孫の顔を見せてあげたい思いが大きい。

手配したハイヤー待ち、出口からシニアのヨーロピアン女性がビッグスマイルで出て来ました。が、家族と孫(2歳くらい)を見た瞬間、滂沱の涙。なんの関係もないですが、たまたま見ていたわたしまで思わず泣けてしまいました……。思い出すだけで泣ける。書いてるだけで泣けてくる。

パンデミックって家族まで分断したんですよね。「ただいま」と言って、「おかえり」と迎えてくれる両親がいることに感謝しつつ、安全に配慮し、有意義な夏を過ごしたいと思っています。

羽田空港出口でお迎えしてくれたのは、マスクをしたキティちゃん!

それではまた、木曜日にお会いできたら嬉しいです♪ 良い週末を!

〜一時帰国関連記事〜
『コロナ禍の子連れ日本帰国・日本出発 準備したこと、気をつけたこと』

やっぱり美味しい実家ごはん

1 / 5