「(あなたの)若さの秘訣はなあに?」、あるホームパーティーで女性Rにある人が声をかけました。Rは、「もうすぐ60歳よ」と言いながら、自分の顔は自分の履歴書、どう生きてきたかの象徴だという。よく笑って過ごしてきたひとは目尻に皺があり、つねに困難に立ち向かってきた人は緊張感のある表情、眉間に皺があったりするという。

Photo on Unsplash

Rは、様々な経験を経て、積み重ねられてきた自分の人生が反映された顔は、素のままで見せるのが本当の美しさだという。その信念は若い頃から変わらず、フルメイクをしてクマやシミを隠したりして、実年齢よりも若く見せようとしたことはほとんどない。

誰しもが年をとるのだから、必死に抵抗をするよりも変化を受け入れ、自分の人生に自信と誇りを持ち、愛する、それがもうすぐ60歳になるRの若さの秘訣。