ミモレ読者の皆さま、こんにちは。

ヴィーガン。わたしのイメージは、いまいちパンチがない。物足りない。美味しくない。ただ、このイメージを覆す、美味しくって、ボリューミーで、あすもあさっても食べたいごはん&スイーツに出会いました。

自由が丘では、いくつかお気に入りのカフェやレストランがあるけど、今回は妹オススメの『SHIRO CAFE』へ。

シンプルなエントランス。1階はカフェで、地下はコスメ。珍しい組み合わせ。

名前通り白。清々しいほどシンプル!

今、とっても人気らしく。事前に予約の番号札を取って、地下へ。

ちょこっと覗いたら、魅力的な良い香りのコスメがいっぱい。持ち歩きに便利そうな練り香水を。毛先や指先の保湿ケアにも使え、これからの季節に大活躍しそうです。首もとにつけると、歩くたびにふわっといい香り。

ホワイトティー 練り香水(WHITE TEA SOLID PERFUME)¥2987  香調は、TOP:グレープフルーツ、レモン、グリーン MIDDLE:グリーンティー、ジャスミン、ローズ、リリー LAST:ムスク、ウッディ、アンバー

このコスメ、海外でも人気出そうと思ったら、台湾アメリカイギリスに既に進出していました。

待ち時間に、通りをはさんで向かいにある雑貨屋さん『ケユカ・KEYUKA』へ。買い物を楽しんでいる間に順番に。

妹からヴィーガンと聞き、量が足りなさそうなので、おかず系とデザート系両方頼もうかなぁと言ったら、ココ、量多いからシェアした方がいいよと。

酒かすラザニアプレート

ナッツの食感がアクセントになり、とってもボリューミー。何より美味しい。ヴィーガンのイメージ、覆りました!

ふたりでシェアしても充分満足なボリューム! 自家製ヴィーガンミートソースと彩り野菜をたっぷり挟んだラザニアプレート。酒かすがほのかに香るサクサククランブルがアクセント

バーレーン のフォーシーズンズホテルで食べたヴィーガンラザニア、こんな感じですからね。

上品なのか、ヘルシーなのか良くわかんない。バーレーン、ツッコミどころ満載の国だったけど、忘れられない一品。もちろん、スイーツを追加オーダー!

サラダか。

オーダーした時に、ヴィーガンだけど大丈夫か確認された訳がわかりました。運ばれて来て、えっ!? ってなる人が多いんでしょうね(笑)。積極的に頂くことはないですが、海外だと”思いがけずヴィーガン”は、あるあるかと。

ゆず抹茶パンケーキ&ペアージュレプレート

抹茶が贅沢なくらいふんだんに使われていて、小豆餡とくるみがまるで和菓子のよう。

ゆず抹茶パンケーキ&ペアージュレプレート ¥1815 

抹茶で濃厚になった口の中を、最後は洋梨のジュレでさっぱりと仕上げます。素晴らしいコンビネーション。

あまりに美味しくて、家に帰ってから、レシピ本が出ていないか思わず調べたほど。

外国人を家に呼ぶときは、ヴィーガン料理は2品くらいいつも用意しています。

フムス、スティックサラダ、天ぷら、おいなりさんなど。でも、おいなりさんを外国人に説明するって意外とむずかしい。だいたい、途中で面倒になり、「Try it!」で。恐る恐る食べるも、甘辛加減にハマる友人多し。

ヴィーガン料理って海外ではものすごく需要高いけど、こんなに美味しいものに出会ったことがない。英語のレシピ本出たら絶対すごい売れると思いました。もちろん、日本語で、まずは欲しい。

お菓子のヴィーガンでは「へたおやつー小麦粉を使わない白崎茶会のはじめてレシピ」を持ってます。

ヴィーガン料理は好きですか。

それではまた、日曜日にお会いできたら嬉しいです♪良い1日を。

〜東京カフェ巡り&自由が丘関連記事〜
『パレスホテル東京』で待望の栗スイーツ・マロンシャンティイいただきました。』
『自由が丘で雑貨屋さん巡り。 ショップ5選』

秋めいて来たドイツな日々

1 / 5