こんにちは。
東京はめっきり寒くなり、いつもより厚めのコートを着てでかけています。みなさんはいかがですか?

先日、ミモレブロガーの悠ちゃん奏ちゃんと、ちょっと早めの忘年会をしました。お店は、悠ちゃんおススメの「Si.ba.ki」。茗荷谷駅からほど近い閑静な住宅街の中にあります。ワイワイと話しながら、カジュアルに、フレンチのコースを楽しめる素敵なお店。

今をかけぬけて、楽しんでいる2人。

 


本屋さんも旅行もバレエも、好きなことをまるまるっと楽しんでいる悠ちゃんと、ライターとして、ミモレの他にもどんどん活躍の場を広げている奏ちゃん。忙しい2人と、集まって3人で直接会うのは久しぶりで、会った瞬間から話がとまりません。

まずは、乾杯。「西陣麦酒」の「シルクのヴァイツェン」で! さて、今日のコースメニュー。ふむふむ。美味しそう!

 

ビールで乾杯!

 


当日、作家の村田沙耶香さんの読書会に参加してきた悠ちゃん。好きな作家は? と聞かれたら、村田さんって答えるかもと悠ちゃんが言うと、奏ちゃんが、「あ、悠さん、村田沙耶香味(み)ある」と妙に納得している。


「いたさん(私はいたさんと呼ばれている)の好きな作家って、誰ですか?」と聞かれる。けれど、私は、本が楽しくなってきて、読むようになったのはここ2,3年のこと。誰かをぐぐっと深掘りして読んでいないし、むしろどれもおもしろく感じるスポンジ状態。


さらに、先日の横川 良明さんのミモレ記事で、「どうしてもセンスがいい人に見られたい」気持ちにむちゃくちゃ共感して、ぶんぶん頭を縦に振りつつ読んだ私。なんと! タイムリーな質問じゃないか。いや、奏ちゃんには全くその意図はない。単なる質問。そして、もはや私が、「ゆうかなコンビ」に、センスが良く見えることを気にする必要はないだろうし、それ以前に、今までの付き合いの中で、本を最近読み始めたことも知られていて、丸裸だし。

サバの燻製と赤カブのマリネ。

 

数秒悶々としつつ(顔は平静)、好きな作家までは思いつかなかったので、最近読んだ本をあげてみた。屈託ない2人は、「おお。知らないぞその本」と言って調べ始めたり、「もうね、その本、推しと推しの本です」と熱く語ってくれたり、「読んでみるー!」と言ってくれたり。なんだかね、いいですね。純粋に何のてらいもなく、本の話ができるって。

私が最近読んだ本。柴田元幸訳の「ガリバー旅行記」、藤井 太洋著「ハロー・ワールド」、楠木 建・山口 周著「仕事ができるとはどういうことか?

 


「好きな食べ物はグラタンです。嫌いなのはグリンピースです」というくらいに自然に話せる。グリンピースが嫌いなんて、私と合わないとか、食べないなんてちょっとねえみたいに思わなくていいのですよね。本も。

カリフラワーのムースと帆立のタルタル

 

さてさて、あっという間の4時間。

どうしても言葉がでてこなくて、「イ、インターネットじゃない、なんだっけ」と言っている私を即座に悟り、「インテリアですね! いたさん」と間髪入れずに言ってくる奏ちゃん。
「あー私は、全然わからなかった~」とゆったりにこにこ話す悠ちゃん。


ブログのこと、今の楽しいこと、仕事のこと、悩み、笑った出来事、悲しいこと。いろんなことを、共感したり、それは私は違うように思うと話したり。一致していることも、そうでないことも、話して聞いて、批判などせずに、そういうこともあるんだなあと丸のまま受けとり合う。いやはや、とにかく楽しかった~。また会いましょ~。

 

 

エネルギーチャージ! また今週もがんばれます。

奏ちゃんとは、「ERIKO YAMAGUCHI」のおそろいワンピースで。色が違うと印象もかわりますね。

 

12月から、週1回、月曜日の更新になりました。
それではまた、月曜日に。