こんにちは! いつもお悩み相談のlifeコーナーの原稿を担当させていただいております、ライターの山本奈緒子です。残暑もおさまり、ようやく過ごしやすい季節になってまいりましたね。読者の皆さまにおかれましては、いかがお過ごしでしょうか?

ミモレ世代になると、夏バテが激しくなり、反対に寒くなると風邪をひきやすくなったり……、何だか体調を崩しやすくなったなぁ、と感じられている方も多いのではないでしょうか。そうやって体調を崩すことが増えると、老後のこと、いつか訪れる終わりのことなど、チラチラと頭を過るようになりますよね。

そんな、ほんの少し生まれ始めた“終末”に関するお悩みに答えていただこうと、以前こちらのコーナーに、終活ジャーナリストの金子稚子さんにご登場いただきました。

 

前回初登場時の冒頭でもご紹介させていただきましたが、金子さんのご主人は、多くの情報番組などで活躍されていた、流通ジャーナリストの金子哲雄さん。4年前に、41歳という若さで急逝されましたが、亡くなられた後、自分の葬儀やお墓の準備などをすべてご自分でされていたことが分かり、その”終活”が大変話題になった方です。もともと編集者や広告制作ディレクターとして活躍されていた金子稚子さんは、そんなご主人とのお別れを経験されたことから、「人生の幕引き」について深く考えられるようになり、現在は「アクティブなエンディング」のための準備について紹介する活動を精力的におこなわれています。

前回は、「ワーキングプアで終活どころか先がまったく見えない……」、「独身のまま一人で生きるには生涯どのくらいのお金が必要?」など、ミモレ世代ならではの“終活”のお悩みが寄せられ、そのご回答を掲載いたしました。すると……、相談者の方はもちろん、回答を読んだ多くの読者の方たちからも、「目から鱗の情報だった!」、「お金がなくてもやっていく術を教えてもらって、希望が持てた!」など、驚くほどたくさんの感謝や共感のコメントが寄せられたのです!!

そこで、金子稚子さんリターンズ!(笑) 皆様の要望にこたえて、再びお悩みに答えていただけることになりました。

新たに金子さんにお聞きしたい質問を募集したところ、前回以上に複雑だったり、難しい人間関係に悩まされていたりと、様々なお悩みが……。でも金子さんは、死と正面から向き合われてきた方ゆえの温かく、かつ冷静な視点でアドバイスをくださいました。自身の悩みをどう受け止めるべきか、そのうえでどう進んでいくべきか……。その情報の取り方から心の持ち方まで、今回も為になりすぎる話がいっぱいです。今後の人生の助けになること間違いなしですので、ぜひ! いえ、絶対に一読いただきたいと思います!!

 
  • 1
  • 2