えりっこさんからの質問
Q.
大切な友達であるお向かいさんが末期がんに。
私にできることは……?

7年ほど前に引っ越ししてきたお向かいの女性。話が合い、今では大切な友達になりました。そんな彼女が、末期癌に。家が近くても会いに行くことしかできなくて、38歳にして死を初めて身近に感じました。彼女はもう自宅で過ごしており、残り時間もわずかだと思います。頻繁に会いに行ってもいいんでしょうか?

特別ゲスト 金子稚子さんの回答
A.
お別れの気持ちを持って会いに行かないで。 “生きること”を支えるために会いに行ってください。

頻繁に……、彼女が望むなら、会いに行ってください。マナーがどうだとかは、関係ありません。

おうちに帰ってきた彼女は、お隣さんとして、同じ女性として、えりっこさんにしてもらいたいことがあるかもしれません。時として患者には、ご家族や医療者にはお願いしづらいことがあるものです。それを彼女が言ってくれるかどうかは、お二人の関係次第ですが、「私にできることがあれば遠慮なく言ってほしい」と声をかけられてもいいと思います。

このような状況で会いに行かれるとき、大事なことは、「お別れの挨拶をする」という意識を持たないことです。末期というとどうしても、お別れの気持ちを持って会いに来られる方が多いのですが、本人はきちんとお別れをしたい、などとは思っていないかもしれません。また、「諦めるな」や「頑張れ」は、関係性にもよりますが、非常に残酷な言葉です。病にかかった人の気持ちというのは、健康な人間には理解できない次元にあるもの。まして、死をはっきりと意識している人は……。だから、周囲は最後までその方の“生きる”を支えてほしいのです。大切なのは、アナタがどうしたいかではなく、その方がどう思っているか、何をしてほしいのか。本心や心からの希望を言ってもらえるかどうか、あるいはそれを受け止められるかどうかは、えりっこさん次第です。

もちろん、それがえりっこさんにとって悲しく苦しいことなら、する必要はまったくありません。死が近い人だからといって、アナタが「しなければならない」と考えて行動するのは、反対にその方に対して大変失礼なことだと私は思います。なぜならその行為は、死に近い人と自分とを「区別」することでもあるから。いずれは死ぬ存在であることは、アナタも彼女も同じなのに……。ですから、無理をする必要はありません。でも、彼女のために何かしてあげたいと思っているなら、「アナタにできないことで、私にできることがあるなら言って」と、心からの声をかけてみてください。その思いが心からのものであるならば、必ず彼女に伝わるはずです。

いかがですか?
金子稚子さんの回答、ぜひご参考になさってください。
金子さんの回答一覧を見る

PROFILE