ベアマニア1018さんからの質問
Q.
更年期による(?)人間関係へのイライラ対処法を知りたい!

こんにちは! ちょっと早めの更年期を迎えてから、人と会うのが煩わしくなっています。仕事は単発の通訳をやっていて、クライアントや同僚とのコミュニケーションは楽しいです。が、ママ友や近所の人など、共通の話題があまりない人との噛み合わない会話は、時間の無駄だと感じてしまうように。 ホルモンバランスの変化からくるものだとは何となく気づいているのですが、とくに同年代の女性とはお互いにイライラしてしまいがちです。このような時期はどう乗り切るべきなのでしょうか? アドバイスをいただけましたら幸いです。

特別ゲスト 齊藤勇先生の回答
A.
ステータスが同じ人と上手く付き合えているなら
何の問題もありません!

あくまで心理学的な視点からの分析ですが、人間関係のイライラは、実は更年期とは関係ないのではないかと思われます。第一回の「自分から関係を切ってしまった同期に素っ気なくされて割り切れない」というお悩みの回でもお話しさせていただきましたが、人は「ステータス(社会的身分や地位)」が同じ人との関係は上手くいきやすいものです。ベアマニア1018さんにとって、クライアントや同僚は、この「ステータス」が同じ存在。ですがママ友や近所の方は違います。経歴や生活環境がまったく違いますから、共通の話題もない。上手くいかないと感じてしまうのは、ある意味当然のことなのですよ。

もちろん、「ステータス」が同じ人たちとも違う人たちとも仲良くできる人はいます。でもそういう人は稀で、多くは、1つの「ステータス」の人たちとだけ仲良くできる、というのが普通です。ですから、その1つを中心に付き合っていけばいいと思いますよ。ママ友や近所の方とは、挨拶はきちんとするなど、失礼にならないレベルの付き合いをされれば充分だと思います。同僚やクライアントの付き合いと、同じレベルを求める必要はまったくないでしょう。

mi-mollet読者の皆さんのお悩みを拝見していると、皆さん、すべての人と深い付き合いを築こうとされるからいろいろ悩んでしまい、「もしかして更年期?」などと考えたりもしてしまうのではないかと感じました。たしかに、同じ「ステータス」の人とも上手く付き合えなくなったというなら、それは更年期の影響かもしれません。でも1つのグループときちんと付き合えているなら、まったく問題はないと思いますから、あまり自分を責めたり落ち込んだりされないようにしてください!

いかがですか?
齊藤先生の回答、ぜひご参考になさってください。
齊藤先生の回答一覧を見る

PROFILE