genieさんからの質問
Q.
プラセンタ注射を始めようか考えています。
効果について詳しく教えていただけますでしょうか?

43歳です。先生はプラセンタ注射をおすすめされていますが、アンチエイジング目的でのプラセンタ注射はどのような効果が期待できますか?継続することで身体が慣れたりするのでしょうか。(43歳)

特別ゲスト 日比野佐和子先生の回答
A.
最初は1、2週間に一回注射をおこないますが、
2、3ヶ月したらもう少し頻度を減らすのが一般的です。

まずはプラセンタ療法というものについて説明させていただきますね。

プラセンタとはヒトや馬、豚の胎盤から精製される医薬品です。厚生労働省に認可もされていて、これまでは肝機能障害や更年期障害の治療に用いられてきました。もちろん、保険が適用されます。

これが最近は、美肌や美白を含め、アンチエイジング全般に非常に高い効果を発揮することが分かってきて、注目を集めているのです。私のクリニックでもプラセンタ療法は導入していて、私自身もアンチエイジングを目的として、ビタミンCとプラセンタを組み合わせた点滴注射を週に1回おこなっています。もちろん、他に食生活や運動などにも気をつけてはいますが、おかげで46歳にして肌年齢は22歳をキープできています!

「継続することで身体が慣れたりするのでしょうか」とのご懸念ですが、これはむしろ逆です。私のクリニックでは、アンチエイジング目的でプラセンタ療法を始められる方には、最初にバン!と効かせるため短い周期で注入し、その後はもう少し周期を長くして効果を維持していく、というやり方をとっております。ですから慣れるというより、続けることで若い身体の地盤ができる、と考えていただいて良いかと思います。

ただアンチエイジング目的の場合は保険が適用されませんので、少し費用はかかります。が、プラセンタはとくに副作用もありません。ご興味があるなら、あまり怖がらずに試されてみたら良いと思いますよ!

いかがですか?
日比野先生の回答、ぜひご参考になさってください。
日比野先生の回答一覧を見る

PROFILE
  • 日比野佐和子(ひびのさわこ)1970年生まれ。大阪大学医学部大学院医学系研究科卒業・博士課程修了。現職はRサイエンスクリニック広尾院長。専門分野は欧米のアンチエイジング、中医学、ホルモン療法、プラセンタ療法、植物療法(フィトテラピー)、アフェレーシス療法(血液浄化療法)など。研究分野において国際的に活躍するとともに、テレビや雑誌での分かりやすい解説も好評を得ている。著書も多数あり、『眼トレ』シリーズは累計30万部のベストセラーとなっている。 この人の回答一覧を見る
  • 山本 奈緒子1972年生まれ。6年間の会社員生活を経て、フリーライターに。『with』や『VOCE』といった女性誌の他、週刊誌や新聞、WEBマガジンで、インタビュー、女性の生き方、また様々な流行事象分析など、主に“読み物”と言われる分野の記事を手掛ける。 この人の回答一覧を見る