PROFILE

 
西川 美和

西川 美和Miwa Nishikawa

映画監督。1974年生まれ。広島県出身。オリジナル脚本・監督デビュー作『蛇イチゴ』(02)で第58回毎日映画コンクール脚本賞受賞。長編第二作『ゆれる』(06)は第59回カンヌ国際映画祭監督週間に正式出品され、国内で9ヶ月のロングラン上映を果たす。つづく『ディア・ドクター』(09)で第83回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位を獲得。その後、『夢売るふたり』(12)、『永い言い訳』(16)とつづけてトロント国際映画祭に参加するなど海外へも進出。その一方で小説やエッセイも多数執筆しており、『ディア・ドクター』のための僻地医療取材をもとにした小説「きのうの神さま」、映画製作に先行して書いた同名小説『永い言い訳』がそれぞれ直木賞候補となるなど高い評価を受けている。連載中のエッセイに、本作の制作過程を綴った『スクリーンが待っている(STORY BOX /小学館)』がある。

著者一覧へ
 
   
 
ユーザー登録・変更