2017.11.25

持ち歩きにもメインPCとしても! 13インチのMacBook Pro2017が快適すぎた byバタやん

うっすら違和感に気づいたのはGW明けくらいだったでしょうか。「ちょっと機嫌が悪いときがあるわね」くらいに思っていたのですが、機嫌が悪い頻度が高くなり……反応したり、しなかったり。もう限界かも……と思うと、調子を取り戻してきたり。そんな揺れ戻しを繰り返していた私のパソコン、ついにトラックパットが凹んだまま、動かなくなってしまいました。

自宅の作業デスク。わりと男前!(笑)

しかも、自宅作業用と、持ち歩き用がなんと同時にダメに……。ちーん。WEBマガジン編集者しては、ニッチもサッチもいかないのでMacBook Pro 2017 13インチ TouchBar無しを購入しました。

しかし、なんでもっと早く買わなかったんだろう~~~と悔しいほどの快適さ! 20日間ほど使ってみたレビューを書きたいと思います。


13インチでも十分な画面の広さ!
 

ずっと家ではMacBook Pro 2010の15インチ、持ち歩きはMacbook Airの13インチを使っていたのですが、2台買うのは出費が大きすぎる、、、でも15インチは持ち運びはツライ。というわけで、13インチのMacBook Proにし、持ち歩きを兼ねることにしました。

Windowsでもっと安価で薄型なノートPCもたくさんあるので悩んだのですが、今のミモレの仕事の場合、写真の整理や加工修正、簡単な動画の編集なんかも作業することがあるので、Macのほうが使い勝手がよいのですよね。

左がMacBook Pro 2017 13インチ、右がもともと使っていたMacBook Pro 2010 15インチ。一回りコンパクトですが、画面は広々! MacbookAirの13インチとは比べものになりません。色もなんと鮮やか!


重さ1.37kg! 軽くはないが、持ち歩きに負担がない


重さ1.37㎏というと、オーセンティックなトレンチコートと同じくらいの重さです。着て歩けるのですから、背負って歩いてもまあ重みは感じるけど負担ではないくらい。横幅30.41 cm、奥行き21.24 cmなので、A4サイズ(29.7×21.0cm)が入るバッグならちゃんと入ります。

驚くのは薄さ! 薄さと引き換えにポートが変わってしまったのはイヤだわ。Thunderbolt 3という形式なので、USBやiPhoneの充電にはジャックを繋ぐアジャスターをつけないといけません。
キーボードの感触が軽い! キーの高さが低くてストロークが短くて済むので、長時間キーボードを叩いていても疲れません。(そんな長文書かないけれど……)。カチカチいう音は好き嫌いがあるかも。私は爪がとても短いけれど、長いネイルの人は打ちにくかったりしそうです。トラックパットがすごく大きくなってて、指が短い私にも使いやすいです。


奮発! メモリは16GBに増設してサクサクに!


カスタマイズは唯一メモリの増設を。TouchBarをあきらめた分、グレードアップしてみました。おかげでマルチタスクも快適に!(いままでがいかにメモリ不足だったことか)。

開くと電源が入る仕様になっているため、開けただけでぴかーん☆と立ち上がり、スッと仕事に入れるのも嬉しい。これで、いつでもどこでもミモレの記事製作もはかどりそうだわ~~。

というわけで、今日はまたガジェット好き、スペック比較好きのバタやんの買ったよいいかな、でした!

川端 里恵

ミモレでは主に美容とシステムを担当。身長151㎝。ストリートカジュアル育ちのため、ボーイッシュとプレッピーが大好き♡ですが、本当に学生に間違えられることも……。大人の素敵な女性を目指して日々これ精進なりです。

これまで紹介したアイテム一覧を見る