title

極寒の冬を楽しむコートスタイル② fromボストン

ボストンといえばハーバード大学をはじめとする大学の街として有名ですが、近年の不動産開発により劇的に街並みが変貌し、国際化も急ピッチで進んでいます。
また、有名なのは“厳しく長い冬”。時に道はゲレンデと化し、気温も氷点下に。過酷な冬でもおしゃれを楽しむためのファッションの知恵を、前回に引き続きリポートしたいと思います。

ボストンのコーディネイター マクドウガルなおこさん

外資系金融で広報/役員秘書を経て結婚後、香港、ホノルルを経て現在ボストン在住。大学時代はJJライターとして活動していたこともあり、幅広いママ友交友範囲とフットワークの軽さを武器に日々活動中。

Q.ボストンの女性の休日の過ごし方は?

オンとオフの切り替えを大切にするということはライフスタイルとしてとても大切。週末や短い休暇は、家族で郊外に出かけてリフレッシュ、という傾向が非常に高いです。夏ならビーチ系、冬はスキー系の近郊のリゾートに行きます。まとまった長い休みにはフロリダ、カリビアンリゾート、そしてヨーロッパなど(全て飛行機で3~6時間と近い!)など、もう少し近くなら海岸沿いのケープコッドやマーサズ ヴィンヤードといった街が、特にボストニアンに人気です。

Q.ビューティー事情を教えてください。

郊外のショッピングモールになると店舗も大きめになり、同じモール内のジム→ブロードライバーというスケジュールを組む方も多いよう。

メイクは極めて控えめで昼間はしていない人がほとんどですが、皆さん、髪の毛のケアにはとても手をかけています。カットはシンプルですが、カラーリングにはこだわりが。一見ナチュラルに見える髪の色も、オリジナルのままという人は皆無と言ってもいいでしょう。ハイライト&ローライトを駆使して頻繁にサロンに通うので、ヘアサロンの数がとても多いです。ミモレ世代の女性ならば、数十年来の行きつけで夫より付き合いが長い、ということも(笑)。そしてブロードライ専門のサロンに行くのもボストンでは日常。週末前の夕方はとくに混み合っていますね。
 

 

エリザベス ダンさん/43歳/製薬会社リサーチャー

全身黒のカジュアルスタイルに
シルバーの光をとりいれて

「リサーチャーという仕事柄、在宅ワークが多いですが、ミーティングに出かける時はスーツで。その反動で3人の年の離れた子供と過ごす週末はとてもカジュアル。小物をシーズンおきにアップデートして気分をあげます。冬は暗い色になりがちなので、サングラスのシルバーと、ロジェヴィヴィエのトートバッグに自分でカスタマイズをしたチェーンの色で、シャープさを出したのがポイント。今日は寒かったので、地元・パトリオッツ(ボストンが本拠地のアメリカンフットボールのチーム)のニット帽もかぶりローカルサポートも欠かせません!」(エリザベスさん)身長/165cm

COAT カナダグース
CAP ニューイングランドパトリオッツ
SUNGLASSES オリバーピープルズ
BAG ロジェヴィヴィエ
SHOES フライ
  •  
  •  

 

ジャナ ドロゴベツキーさん/42歳/インテリア会社経営

モノトーンスタイルも
斜めがけバッグでカジュアルに

「今日は夜、クライアントとの会食があるのであまり目立ちすぎないモノトーンスタイルです。インテリア会社を経営しているのでヨーロッパ出張や会食も多く、急な予定変更にも対応できるよう、いつも適度なフォーマルさのある服装を心がけています。コンサバな服装に遊びのあるバッグ、靴を合わせるのが好きです。今日は買ったばかりのヴァレンティノのバッグ。アクセサリー代わりにもなり、ちょっと大きめで荷物も入るところが気に入っています。」(ジャナさん)身長/163cm

COAT セントジョン
TOPS オスカーデラレンタ
PANTS D&G
SUNGLASSES エリータハリ
PIERCES アレクシス ビター
GLOVES フィレンツェで買ったノーブランド
BAG ヴァレンティノ
SHOES トップショップ
  •  

 

レイチェル ソロモンさん/48歳/ファッションコンサルタント会社経営

明るい色使いで
いろいろなスタイルを楽しむ

「今日のポイントは何と言ってもMSGMのコート! 暗くなりがちな冬は、特に明るい色使いを心がけています。ファッションが大好きで朝、コーヒーを飲みながらクローゼットで服を選んでいる時が幸せなひととき。仕事でコンサルタントとしてクライアントに会うことが多いので、相手のブランドのアイテムを取り入れたり、ブランドイメージに合ったコーディネートをしています。なので、日によって全くイメージが違うせいか、“ファッションカメレオン”と言われています(笑)。今日はRE/DONEのジーンズがポイント。大人の女性がジーンズを楽しめるブランドだと思います。」(レイチェルさん)身長/166cm

COAT MSGM
TOPS アクネ
DENIM RE/DONE
HAT ラルフローレン パープルレーベル(父のお下がり)
SUNGLASSES ディオール
NECKLACE ルイ・ヴィトン
PIERCES ティファニー×パロマピカソ
WATCH ロレックス
RING ティファニー×Frank Gehry
BAG エルメスのヴィンテージ
SHOES プラダ

 

\ボストンはこんなところ/  

 

アメリカ北東部に位置するマサチューセッツ州の州都。ニューヨークからは車で5時間程度の場所に位置し、ハーバード大学をはじめとする多くの教育機関がある学術の街、医療の街として有名。アメリカで最も歴史の古い街のひとつで、ヨーロッパの雰囲気が漂うクラシックな街並は観光都市としても人気がある。

撮影/Fredson Sossavi  取材・文/マクドウガルなおこ

 

第1回「極寒の冬を楽しむコートスタイル① fromボストン」はこちら>>

<福岡、札幌、仙台、急募!>
SNAPコーディネイターを大募集中!


スナップにご登場していただける方を編集部にご紹介、そして撮影から記事の執筆までをしていただくお仕事です。ご興味ある方はぜひページ下部の応募ボタンからご連絡ください。

・取材エリアは不問(ミモレが過去に取り上げたエリアの方も大歓迎です)。
・エディター、ライター経験者歓迎ですが、未経験でやる気のある方、ファッションが大好きな方も大歓迎です。

編集部員がフォローできるエリアは限られています。
皆様にご協力いただくことで、全国津々浦々、そして海外からも皆様のファッションの“今”を発信できればと考えています。ぜひ、私たちと一緒にミモレをつくってみませんか?

皆様のご参加をお待ちしております。

※ご応募いただく際の情報は選考のみに使用し、他の用途には使用いたしません。
※お話を詳しくおうかがいしたい方のみ、編集部よりご連絡を入れさせていただきます。
※撮影にご協力いただきました方には謝礼をお支払いいたします。