2018.3.7

授賞式よりも華やか!? 2018年アカデミー賞アフターパーティの
セレブのファッションチェック★

3月4日に行われた、毎年恒例ハリウッド最大の式典、アカデミー賞授賞式。2月に行われたゴールデングローブ賞授賞式では、セクハラ問題に抗議する「Time’s Up」への賛同を表明するために女優たちが真っ黒なドレスで集合していましたが、今回は打って変わって、シャイニーな素材やカラフルな色の華やかなドレスがカムバック。——なんですが、個人的に、毎年、授賞式よりもそのあとに開催される『Vanity Fair』誌主催のアフターパーティのほうが顔ぶれも豪華だしファッションも華やかで好き。——余談ですがオスカーが終わった後の開放感もあいまってなのか、アフターパーティのときにビッグセレブ同士がイチャイチャしてカップル誕生、なんて裏話があとで聞けるのもこっちなのです(笑)。

そんなワケで、今年も授賞式のレッドカーペットよりもおしゃれだった(と個人的に思っている)、アフターパーティのセレブたちのファッションを勝手にチェック。可愛かったセレブの写真を淡々とご紹介して行きたいと思います。

ちなみに、授賞式でのドレストレンドはキラキラのシャイニー素材でしたが、アフターパーティで私が気になったのは、ミニ丈ドレスの復活。元々ミニ派の私としては、このまま大人もドレスアップのときはミニがおしゃれ、な〜んて風潮になってくれたらとっても嬉しいのですが……(さすがにプライベートで穿く勇気はもうありませぬ)。

授賞式ではスタイリッシュなカラフルパンツスーツでキメていたエマ・ストーンも、アフターパーティではルイ・ヴィトンのミニドレスを着用。元々おしゃれなひとなんだと思いますが、いつも自分のキャラをちゃんとわかっているドレス選びが上手。立ち位置的には、ちょっと前のキルスティン・ダンストみたいなポジションを狙っているのかな、と。写真:The Mega Agency/アフロ
なんだか御無沙汰な気がする、元スーパーモデルのアンバー・ヴァレッタも、プリントドレスで大人のミニスタイルを披露。耳元のジュエリーはメッキサ・ジュエリーのもの。写真:Evan Agostini/Invision/AP/アフロ
じゃ〜〜ん! 我らがmi-mollet世代、アラフィフのハル・ベリー様の貫禄のミニドレスはZuhair Murad。こんな風にハリのある美脚なら、どんどんミニを履いて見せつけて欲しい! 写真:Evan Agostini/Invision/AP/アフロ
レニー・クラヴィッツの愛娘、ゾーイ・クラヴィッツはサンローランのチュールドレスにソフィア・ウェブスターのヒールを合わせて。写真:AP/アフロ

そして授賞式でもトレンドだったシャイニードレスはアフターパーティでも主流でした。中でも可愛かったのはゼンデイヤのこちら。

マイケル・コースのスパンコール付きマーメイドドレスを纏ったゼンデイヤ。ヘアを潔いお団子にまとめたことで、彼女のフレッシュな魅力が引き立っているよう。写真:Shutterstock/アフロ
一児を出産し母になったロージー・ハンティントン=ホワイトリー。相変わらずの美しさでラルフ&ルッソのドレスを着こなしていました。写真:Shutterstock/アフロ
ヴィクシーモデルのエルサ・ホスク。なんかアニメの『ディック・トレイシー』にこんなキャラ居ましたよね。CGとか何も加工せずにこのボディとこの美貌。アルベルタ・フェレッティのスパンコール付きシースルードレスでエレガントなムード。写真:The Mega Agency/アフロ

大胆なスリットドレスも引き続き人気。スリット好きとしては、日本でもこんな感じの素敵なスリットドレスがもっと増えて欲しい(着る機会はありませんが)!

女優のクリステン・スチュワートの恋人であるヴィクシーモデルのステラ・マックスウェルのセクシーなスリットドレス姿をどうぞ♡ 写真:Shutterstock/アフロ
大人のスリットドレス姿が好印象だった、エイミー・アダムス。構築的なシルエットのChristian Sirianoのドレスは、肌見せのバランスが上品。写真:Evan Agostini/Invision/AP/アフロ

そのほかの気になったセレブたちはこちらです。

モデル好きのディカプリオの元彼女、ケリー・ローバック。彼女は映画版『ベイ・ウォッチ』で、元祖TV版でパメラ・アンダーソンが演じていた役を演じたことでも注目されている存在。こんなダイナマイトボディ(古いか)にベビーフェイスなんて、いちばん男性にモテるやつ! 真っ赤なマーメイドラインのドレスを完璧に着こなしていて、可愛い♡ 写真:Shutterstock/アフロ
先日交際数週間で電撃婚した女優のエミリー・ラタコウスキー。挙式ではZARAのスーツでの地味婚が話題になっていましたが、この日はザック・ポーセンのシックなボルドードレスを着て。インスタグラムでは裸を見せまくっているのにドレスアップでは肌見せ控えめだなんて、さすが自己プロデュースの達人といった感じ。写真:Shutterstock/アフロ
パンツスーツ姿がかっこいいなと思った、女優のローラ・ディーン。インナーがレース付きビスチェなのと、巻き髪でフェミニンさもキープしているのが勝因に。写真:Shutterstock/アフロ

番外編

思わず「どーした!?」と思ってしまったのがエマ・ワトソン。前髪パッツンのヘアスタイルとドレスが合っていないような。いつもおしゃれな彼女だけに、今年はちょっと残念。写真:The Mega Agency/アフロ

アフターパーティーではなく授賞式ですが、、、

「かっこよすぎて息ができない」などとネットで反響がすごかったのがこちら、主演男優賞にノミネートされていた22歳のティモシー・シャラメ。純白のスーツ姿は王子そのもの。写真:Shutterstock/アフロ

以上、私の独断と偏見によるファッションチェックでした。