皆さま、こんにちは。サッカー日本代表の決勝トーナメント進出!うれしいですね。今回の戦い方については、賛否両論あるようですが、大観衆からのブーイングを受けても、ブレない心の強さ。ただただスゴイの一言です。

私の食欲も負けてはいませんよ(笑)。東京のおいしいモノ、今回はフレンチ・ビストロについて。価格が手ごろで、気軽に行ける、東京のビストロがとても好きです。住んでいた当時は、神楽坂のブラッセリ―・グー」ラビチュード」をリピートしていました。この2つはランチのコスパが本当に良いのです。あのクオリティーのビストロ・ランチを1000円台で食べられるのは、世界中探しても、東京ぐらいではないでしょうか。

今回は、友人のイチオシの恵比寿の「Bistro Ame」(ビストロ・アム)へ。友人は外資系企業で営業をしていたので、海外からのクライアントをお連れする高級レストランから、リーズナブルなお店まで、東京のおいしいお店をたくさん知っている人です。彼女のチョイスにハズレなし。

2皿目のスペシャリテが素晴らしい。「魚介のパフェ」かにみそのアイスクリーム(+300円)。このコースのお値段で、この豪華さですよ!
友人は「野菜のパフェ」をスペシャリテに選びました。さっぱりとしたトマトのアイスクリームとを、何層にも重なった野菜と一緒に。もう一度食べたい。

「ビストロ・アム」ディナーコースは4800円は全6皿のコースで、旬の野菜が40種類以上入っているコース。前菜からデザートまで、プリフィックスのメニューから選ぶことができました。

  • こちらが一番最初に出される、アミューズ。フォアグラのエクレアです。
  • 3皿目、前菜「鰯のミルフィーユ」。さっくりしたテクスチャーと繊細な味がお見事。
  • メインデッシュは3種類の中からチョイス。私は「ミキュイに仕上げたビンチョウマグロのステーキ」

何が素晴らしいかと言えば、一つ一つの丁寧な仕事ぶりと、繊細なお味、そしてサービスの良さ。このコースに、自家製パンとコーヒーかハーブティーが付いて、信じられないようなリーズナブルな値段で提供している点。

東京に住んでいる方はラッキーですね。こういった「中堅グルメどころ」がたくさんあるのが、日本の素晴らしいところです。食前酒やワインをグラスで数杯いただいて、1人1万円でお釣りがきました。オーストラリアでは絶対に不可能です!!

  •  
  •  
  •  
  • 5皿目のお米料理。この日は枝豆のごはんに「牛ホホの煮込み」または、「桜えび・貝・あおさ海苔」のチョイスでした。
  • 6皿目のデザートは「ほうじ茶のアイスクリーム」、お酒を楽しみたい方は「チーズ4種の盛り合わせを。
  • 恵比寿東公園のすぐ近くです。小道にあるひっそりとした入口。

こじんまりとしたお店で、なかなか予約が取れないそうですので、まずは予約を。ああ、また、ビストロに行きたいな。東京の食のレベルが高すぎて、胃袋もお財布もいくらあっても足りません。

それでは、皆さま Have a good day !

 

「Bistoro Ame」(ビストロ・アム)

〒150-0013 渋谷区恵比寿1-16-33 第2ASビル1F
JR恵比寿駅東口、東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩5分

Tel: 03-6455-6989