2015年 春の特集 賢者のキレイtips 水井真理子

2015.5.25

ビューティアドバイザー水井真理子さんのTips1
"スキンケアが効く手”をつくろう!

 

こんにちは、ミモレブロガーでビューティアドバイザーの水井真理子です。
昨年までの11年間、私は佐伯チズさんのもとでマネジメントをしながら、美容の修業をしていました。先生の取材のアテンドや原稿チェックから、顧客の方への実際のお手入れまで、あらゆることを学ばせていただきました。(そのおかげで、今や肌を見たら、どんな生活を送りどんな化粧品を使っているかがわかるほど!)

もともと美容に興味のあった私ですが、実は肌にはすごくコンプレックスがありました。ひどいニキビに悩んだ時もありますし、一時は8カ月間、全身に蕁麻疹が出てしまい苦しんだことも――。そんな経験を経て、あらゆる化粧品、お手入れ方法、エステ、サプリメント、食べ物……などを試しましたが、実はここ数年、特に40代になってからは、肌の調子で悩むことはなくなっています! もちろんシワやたるみなど年齢なりの影響はありますが、ベースの肌の調子が良ければ、実はマイナス面ってあまり目立たないんです。

さて、私の肌の転換点ですが、ある時から、"スキンケアが効く手”を意識したことが大きいと思います。

水井さんの手。手のひらのの柔らかさは絶品!

「手?」って感じですか? いえいえ、手を甘く見てはいけません!(笑)
クレンジングに洗顔、化粧水などのスキンケア、メイク――。直接、手を使うときもあれば、コットンやブラシなどの道具を使うときも、いつだって手を使いますよね。

ちょっとした合間に手のひらの柔らかさや指の滑らかさをチェックするという水井さん。柔らかな手のひらは、スキンケアだけじゃなくて、パートナーと手をつないだり、子供をなぜたりするときにも武器になりますね(笑)

だからこそ、「どんな化粧品を使うか」よりも、「手でどうやって肌に届けるか?」が大切です! いわば、"手”が、あなたの明日の肌を作るんです。そして、"スキンケアが効く手”を手に入れたら、化粧品の効果はもっともっと高まります。

日々のお料理、水仕事、もしくは重いバッグを持ったり、スマホを操作したり……と、酷使され続けている"手”――。だからこそ、ちょっと意識して手をケアしてあげれば、あなたの顔のお肌も変わっていきます。
明日からはその具体的な方法をお伝えしていきますね。