2015.7.13

アイスでも!パケ買いオーガニック・コーヒー

フェアトレードの製品と聞いて、皆さまはどのようなイメージを持たれますか。正直、品質はそこそこだろうけど、貧しい生産者の方たちを助けるためなら…と、ほとんどお情けで買う、みたいなものでしょうか?私も、ややそのような意識だったのですが。

スローコーヒー。

一ヶ月ほど前、ワイン等の輸入品も豊富に扱っている信濃屋という世田谷区内の小さなスーパーマーケットで、スローコーヒーというコーヒー(粉)に出会いました。パッケージも可愛かったので、深煎りの「ECUADOR」と「DECAF」(カフェインレス)の二種類を購入。フェアトレードなので、お値段はちょっと高いし、リピートはしないだろうな、と思いつつ。どちらも、農薬や化学肥料は一切使わずに栽培されたコーヒー豆を挽いたものだそうです。特にエクアドルのほうは、生態系豊かな森の中で栽培、ということだったので、素敵なイメージも膨らみます。

そうして自宅で(フレンチプレスで)入れて飲んでみたら、どちらもとても美味しい!私の好みは、苦みが強くて酸味が少ないものなのですが、ホットで入れた後に冷めてしまっても、アイスで冷やしても、とにかく良い。

エクアドルは、もう残り少なくなったので、昨日、再び買いに行きました。コーヒーは、今やコンビニやファストフード店でも手軽に飲めますが、家で本当に美味しい一杯を安心して味わう時間は格別。毎回幸せな気分に浸り、フェアトレードも高品質を追求する時代になったことを実感しています。

(スローコーヒーが買える、飲めるお店のリストはこちらから。)