2015.9.13

青山に熊本の伝説のショップがオープン!

以前に私の出身地、熊本の独特なファッション事情に少し触れましたが、私が最初にファッションにハマったのは、この方あっての・・・と言っても過言ではありません。東京でもファッション通の間では知らない人がいないのでは?とも言われているレジェンドマン、有田正博氏のショップがなんと青山のフロムファーストにオープンしました。

オープニングにて。右から2番目が有田正博氏。カリスマ伝説を聞きつけて、オープニングも錚々たる面々が集まりました。一番左はスタイリストの島津由行氏。実は同郷で有田さんとは師弟関係。

はい、この方こそおしゃれ軍モノ達人といったら日本一ではないか?というくらい、世界の隅々までデッドストックものを探し出してくるおじさんなのです。誤解がないようになのですが、軍モノ専門家では決してありません(笑)。軍モノのようなストリート的要素が高いものと、独創性の高いモード感溢れるウエアの融合が彼の提案するスタイルそのものなのです。

彼の提案するモードは、ブランド名で唸らせるのでなく、作り手の心意気だったり、あくまでもクリエイティブにこだわるアーティストの服へのリスペクトだったりします。

ショッパーのグラフィックも可愛い!
(左)ショッパーと同じオーストリア出身アーティストGONのオリジナルグラフィックのコート。主役になれそうなドラマチックな一着。(右)こちらもグラフィックを得意とするロンドンのブランド「SWASH」。ディオールのスカーフなどのデザインも手がけており、斬新な色合いとモチーフがとても素敵。お得意のスカーフはもちろん、ウエアから家具まで取り揃えています。

 

そして、熊本のファッションの強みは「色」。オーセンティックでベーシックなウエアが多い中、青山のど真ん中でも、熊本色は変わらず強いショップで、その試みにあっぱれ!

そんなお国に育った私だけに、時々無性に色を着たい!という欲望と、無難な色合いに落ち着く自分になぜか焦燥感を感じてしまい、アディクトチックな感覚に襲われ、色モノを物色している自分がいます(苦笑)。

店内カラーのオンパレード!アーティステックなジュエリーたちもたまらない!

色モノ・・・ってハードル高そうに感じるかもしれませんが、ちょっとした小物やアイテムを一点でも持っていると、普段着ている服が嘘みたいに違うものに映し出してくれます。

この冬、お天気もウエアの配色も沈みがちな自分に、どこか一点色モノを添えてみてはいかがでしょうか?

PERMANENT MODERN AOYAMA                address:107-0062 東京都港区南青山 5-3-10 FROM-1st 2F     tel&fax:03-6805-1187 営業時間:12:00-20:00 水曜定休