2015 Nov. 10

大人の可愛らしさには、
透ける、揺れるが必要です

突然ですが、甘さや可愛らしさって、どう思いますか?  女性らしさとも言い換えても良いかもしれません。

いつもふわふわ笑っている甘さではなく、無邪気さや初々しさ。当然年齢を重ねると、減っていきます。コラーゲンと同じ(笑)?
ますます迫力や厳しさは増していくので、何かで甘さを出さないと!

ということで、私は素材でそれをするようにしています。

透ける、揺れる素材。
透けたり揺れたりするものに、人の視線は引き寄せられます。

例えばシルクのスカートやブラウス、レースのワンピースのように。

しぐさや声色、話し方で甘さをプラスすると間違って受けとられかねないので、なかなか有効な方法だと思います。

シルクのスカートにシャギー感のある毛足の長いニット。結局、辛度100%のレザージャケットを重ねてしまいましたが、今の私にちょうどいい甘さかな、と。

この配分もまた、年齢を重ねていくと変わるんでしょうね。

70歳を超えたデザイナー、島田順子さんの肩を大胆にだしたニット姿が、惚れ惚れするほど素敵なように、20代の頃はできるだけマイナスしようとしていた甘さを、思う存分楽しめるようになるのかも。

そんな未来が楽しみですね!

大草 直子

  • コーヒー修行まだ続いています。なかなか上達しないけれど。あらゆるカフェやスタンドで、カフェオレとカプチーノ、カフェラテの違いを質問責めにしている人を見かけたら、私です。
  • 使い始めてすでに3つ目の、アスタリフト ジェリーアクアリスタ。化粧水前の先行美容液ですが、肌の上にできる影が薄くなり、疲れとも言い換えられる肌の影より、自分の目や鼻が際立つようになった気がします!
Today's pickup

六本木の朝イチのイベントから始まり、夜遅くの天王洲アイルでのイベントまで、時間も移動距離も長い火曜日。それぞれまたリポートしますね。

CREDIT :

ジャケット/アッパーハイツ
ニット/ドゥーズィエムクラス
スカート/ノーブランド
バッグ/フェンディ
ブーツ/ミッシェルヴィヴィアン