水井真理子のビューティ・マルシェ

2015.12.17

機嫌のいい女性でいるコツは気分転換にあり

左から
■日本の緑茶にインスパイアされてつくられたという
アロマオイル「Sencha」甘い香りの中にさわやかなお茶が引き立つ香りは、気持ちを落ち着かせて優しくなれる香り。
■ヘアケアサロンAMATAの「ビロード カウントダウン」は、洗髪後に頭皮に少しだけつけるとふとしたときに香りが漂い、いつでもリフレッシュ。
■HANAのクリスマス限定コフレに入っている練り香水「ピュアリ」上品な香りが優しい言葉を引き出してくれそう。(〜12月31日限定発売)
■LAURELのロールオンタイプのオードパルファンオリエンタル。ベルガモット、レモン、オレンジなどの柑橘系とイランイランの甘さが落ち込んだときの気持ちを包み込んでくれる。

女性は、気持ちの切り替えがうまくできないことが多いため、悲しいことがあったり、怒るような気持ちになると、後に引きずってしまい、生活もスキンケアも、なんとなく気持ちが入らず、ながれ作業になってしまうなんてことがあります。そんなときは、上手に気分転換して、マイナス要素を一掃してしまいましょう。

例えば、香りを上手に活かしてみるのも一つの方法。五感の中でも、神経を介して脳に伝わる伝達プロセスが最速といわれているのが嗅覚。家ではアロマを焚くのもいいし、外出先などではスティック状のものや練り香水など、自分のお気にいりの香りでスイッチを変えるという方法を取り入れてみてください。
忙しい年末こそ、気分転換してから過ごしてみてはいかがでしょう。機嫌よく振る舞うことで、周りにいる人も笑顔が増えていくんですよね。

笑顔の連鎖を作れる女性は素敵ですね。