2016.4.29

ジュース・デトックス4&5日目。

素材は違えど、相変わらずジュース。

またジュースの話かあ……と言いたくなりますよねえ。はい、私も同じく飽きました。ので、4日目と5日目はもうダイジェスト版でいきたいと思います……。

週末も終った4日目は、朝から学校。朝ごはんのジュースを作ったのち、ランチ用のジュースをさらに2種類。朝から3種類も違うジュースを作るのはかなり大変で、てんてこ舞い……。

生姜、ほうれん草、オレンジ、胡瓜にミントのジュースを朝に。

午前中は良かったものの、そろそろ身体が省エネモードになってきたようで、とにかく寒い。普段は冷え性にも無縁な代謝のいい身体なのに、手足もひやー。午後から天気が悪くなって気温が下がったというのもあるにせよ、この冷え冷え感は、ジュースしか飲んでないからっていうのもあるだろうなあ……。温かいものを飲んだりしたいけれど、デトックス中ゆえカフェでコーヒーというわけにもいかないし、教室内でコートを着ながらなんとか午後のクラスを過ごしました。

セロリと林檎、蜂蜜にシナモンのジュースはあまり量ができない。

5日目は前日の反省をふまえて、ランチのジュースは同じものを、でも2倍の量で作ることで時間を節約。寒い時飲めるように熱々の野菜ブイヨンも、水筒に入れて持って行くことにしました。

パイナップルが入ると、途端にトロピカルになって美味しいです。

5日目ともなると、食欲に脅かされることもなく、もはや解脱したような清々しい気分に。夕方自宅に戻ってからジュースを飲み、夜ごはんは野菜スープを。しかしこの野菜スープ、いろんな野菜を「生で入れて」熱湯を注いでブレンダーで攪拌するというものなのですが、レシピ通りニンニクを生で小さめにカットして入れたところ……スープを飲む際「なんかぴりっとするな」と思うくらいだったのですが、翌朝になっても自分からニンニクの臭いがぷんぷんするのがわかる! ニンニクは、入れるにしてもごく少量にしたほうが良いと学びました。

美味しかったけれど、翌日まで臭いに悩まされるとは……。ニンニクには要注意。

5日間を終って感じたのは、まず痩せたこと。もともと痩せたいと思ってトライしたわけではないのですが、顔やお腹周りが人にも言われるほどすっきりしました。まあ、10日近くもほとんど食べていないなら痩せないほうがオカシイのですが。

眠りがとても深くなったのも、大きな変化です。もともと眠りが浅く、夜中に起きてその後眠れなくなったりしていたのですが、朝までぐっすり眠れるように。それも、デトックス後もその効果が続いているようで、1週間以上経った今もよく眠れています。デトックス中の2日目ぐらいに、たぶん好転反応であろう、口の周りに3つぐらい吹き出物ができたのですが、これらもジュース生活後はすーっと治まりました。

フノイユはジュースにしても美味しいということを新しい発見。もっと頻繁に食べて行こうと思えたのもまた収穫。

正直、5日間コースは断食慣れしている人でないとかなり厳しいと思います。でも、週末だけならばムリなくできるはず。レシピではさまざまな野菜やフルーツを使うので、お金がかかるな〜と思いましたが、途中で「代替物にしたっていいじゃん」と勝手に買いやすい梨やオレンジを増やしたり。ムリにさまざまな素材を使わなくても、あるもので臨機応変にやっちゃってもいいんじゃないかなと思います。それでも、身体全体がスッキリする実感はきっと、得られるのではないかと!