大きめバッグを持ってジムに行こうとした日の格好(幼稚園お迎え時間が迫ってきて、結局は行かずじまい…)

私の生活圏の中で立ち寄り易い場所にあるショップの一つが、Azul by Moussyなのですが、そちらのオーガニック・コットンのTシャツが気になっていました。その後、大草編集長のダイアリーで紹介されたのを見て、さらに期間限定価格にも背中を押され 笑、4色買いました。それから何週間か経ちますが、毎日のように着ています。中でも、薄ベージュが一番使い易い!

このほかに、カーキ、ボーダーも売っていました。

G7伊勢志摩サミットに向けた日本の貢献策

今回の、押さえておきたい教養ポイント。5月20日、安倍総理を本部長とする「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部」の第一回会合が開かれました。以前にこのブログでも触れたSDGsは、伊勢志摩サミットでも主要な議題の一つとなるわけですが、それに先立つ同日、日本政府は三つの柱から成る貢献策を公表しました。

1)中東地域の安定化のための協力、2)国際保健、3)女性の活躍推進。

特に注目したいのは、今後3年間で総額約60億ドルとなる、上記の1)。より具体的には、難民支援や受け入れ地域の安定化・開発支援(人材育成を含む)などに加え、シリア難民を来年からの5年間で最大150名、留学生として日本に受け入れるという策が含まれます。

ちょっと難しいですが、何となく知っておきたいですね!