フリーエディター有田麻奈美 「日々丸かじり」

2016.6.25

憧れの駅弁「えび千両ちらし」

さて、先日は東北新幹線に初乗車、これまた人生初の青森県を探検してまいりました。りんごまみれの青森話はまた今度ゆっくりさせていただきたいのですが、いつものごとくぎりぎりまで仕事をして、ふらふらで東京駅についた朝07:00、またしても神の啓示が……♥

「えび千両ちらし」をお買いなさい

「えび千両ちらし」とは、新潟県の誇る駅弁。各種の駅弁ランキングでほぼ毎回1位の不動の人気! いろんな雑誌の駅弁特集でも、必ず1頁使ってどーんと紹介される駅弁界の王様なのです。

 

じつは東京駅構内には「駅弁屋 祭(えきべんやまつり)」という素晴らしい店舗がありまして、早朝5:30~夜23:00まで全国津々浦々の駅弁170種類を取り揃えています。※すでにご存じでしたらごめんなさい!

東京に住んで数十年、東京駅も数えきれないほど通り抜けてきたのに、ここの存在を知ったのはなんと2016年、つい数か月前のことでした。撮影時のお弁当の手配を忘れて、あちこち探しまくった時に偶然発見(まさに灯台下暗しです)。そのときは一時入荷がストップしていて購入できず、次も売り切れで食べられなかった人気の「えび千両ちらし」ですが、朝ならきっとまだあるはず!

人ごみを縫うようにして「駅弁屋 祭(えきべんやまつり)」に入店。

入り口近くにある店内駅弁MAPで「えび千両ちらし」の位置を確認。

とにかく一直線にお目当ての場所へ。

なんかいっぱい積み重ねてあるある!

無事に2個購入できました

初めての「はやぶさ」。シートの間隔がゆったりしていて楽ちんでした。お友達も大満足の駅弁モーニングになりました。

そして東京-青森間の3時間、必死になってつくったGIFがこちらです。


エビそぼろがのっかったほんのり甘い厚焼き玉子のお布団をめくると、さらにその下においしいうなぎやこはだ、エビ、イカが隠れていて、2度ドキドキできちゃいます。充実のこの内容で1300円!

駅弁マニアじゃないけれど、大感動した人気駅弁、機会があったらぜひ召し上がってみてくださいね♥