2016.7.28

映画『ブルックリン』を観てきました

こんにちは、編集・川端です。
先日、夕方に銀座で打ち合わせが終わり、たまには映画でも観て帰るかしら(つい一杯飲んで帰ろうと思ってしまうので・汗)と、フラッと入った『ブルックリン』。これがとても良かったです。

映画ライター渥美志保さんがオススメされていたので気になっていました。あらすじや出演者の解説は、渥美さんのレビュー【"女の子"を"女性"へと変貌させるのは「初めての二股」】で是非♪♪

見終わった感覚としては、久しぶりにとても可愛らしいいい映画を見たなあ〜とポーッとしてしまいました。

アイルランドの田舎町を出てNYへと渡るヒロイン・エイリーシュが、だんだんファッションもメイクもあか抜けていく様子が楽しい。
キレイになったエイリーシュは、急にモテてくるわけですね。(男も仕事もどんどんクルーーーー!)

里帰りして出会う地元のハンサムボーイと、大都会で出会ったちょっとさえないイタリア男。どっちのほうが、背伸びしない自分で居られるのか? そういう物語なのかなと思いました。

どっちを選ぶかは是非映画で♡

最近、ジャイアントコーンと並んでハマっているコンビニアイス。「オハヨー」の「ジャージー牛乳ソフト」。柔らかくてすぐ溶けるから、食べる時は、急いで急いで!よそ見しないで!

映画って気になってても、そのうちと思っているうちに上映館数も時間も少なくなってしまい。忘れてしまうことが多くて。気になった時はすぐ観に行くべしですね〜。

ではではまた〜。