2016 Sep. 6

ジュエリーを桃さんと選ぶ日。
ゆったりとした幸せな時間
 

今日は、講談社での仕事の合間に、浜田山へ。ボンマジックのアトリエに伺いました。浜田山駅からほど近い、素敵な素敵なアトリエ兼ショップ。東京にいるのを忘れてしまうほど、静かで落ち着いた空間です。待っていてくださったのは、光野桃さん。

このショップが、渋谷の小さな坂道の途中にあったときに、そこで初めて桃さんをお見掛けしました。あまりに緊張して、ご挨拶だけさせて頂き、気の利いたことも何も言えないまま...だったのですが、幸せなご縁ですね。こうして、共にジュエリーをああでもない、こうでもない、と選べる日がくるなんて。

イベントでつけるネックレスをお借りしようと伺ったのですが、珊瑚やパールや翡翠が放つパワーだけではなく、桃さんにたくさんの言葉を頂きました。ずっとずっと憧れていたボンマジックのネックレス。私の、日に焼けた、その跡がたくさんの残るデコルテや。40歳を過ぎてできた、数年は目を逸らして暮らしてきた、首筋の影も。すべては、ジュエリーが圧倒的に似合う条件だと、教えてくださいました。

嬉しいなあ。大人になるって。あ、婦人になるって。楽しいなあ。ずっと、本の中の桃さんの言葉を一言一句聞き逃さないように、と集中してきた私が、こうして、直接お話しできるなんて!

いろいろ試させて頂き、今日は、とりあえず落ち着いて落ち着いて。「見るだけ」にし、ただし、今年デビューのブランド、インモノクロームのリングを連れて帰りました。珊瑚の化石に、トルマリンがアクセントになった、オーバルのリング。アンティークのようでもあり、モードなデザインでもあり。手のひらが小さく、指が短い私の子供のような手にもしっくりとなじみました。

土台がシルバーなのもカジュアルで好き。Tシャツにデニムにも、今日着ていたようなパリシックなワンピースにも。毎日合わせてしまいそうです。

明日から、9月13日(火)まで、伊勢丹新宿本館1階/アクセサリー/プロモーション2で、ボンマジックの全ライン、インモノクロームの全ラインをご覧いただけます。今日試着したパールが忘れられないので、週末に、私も伺おうと思っています。

浜田山まで行きたいけれど、なかなか遠い、という方も、是非足をお運びください。「ほかのどこを探してもない」美しさに出会えるはずです。

 

大草 直子

  • こちらは、深い赤の珊瑚。「もう少し先の楽しみで良いわね」と桃さん。もっとドライで凹凸のある肌のほうが似合う、とのことです。先にある幸せや楽しみを妄想するのも、また幸せで楽しいこと。
  • インモノクロームのリングがこれ。乳白色の珊瑚と化石と、グリーンの石。ボンマジックとはまた違い、色みを抑えた、モノクロームの美しさがあるブランドです。買いやすい価格のものも揃います。
 
CREDIT :

ワンピース/イザベルマランエトワール