どうやら東京よりも少し遅れて、こちらでも芍薬の切り花が買えるようになりました。

多分芍薬はわたしが一番好きな花、なので毎年この時期が楽しみ。
アメリカ郊外暮らし。ガーデニングショップは大小様々あれど、いわゆるお花屋さんはなく、Wholefoods で買うことがほとんどで、すぐに枯れてしまう気がするのですが
それでもこれだけは特別。

はかなげで、透明感があって。でも堂々とした立ち姿。本当に大好き。

今年初めて気づいたのですが、芍薬は地植えにしておくと、日中でも氷点下の日が続くような極寒の冬も越して毎年花を咲かせるようです。
芍薬の根には薬効があり、漢方の世界では血を補う効果があるとして、特に女性向けの処方に重用されており、PLANTOLOGY のInner Peace にも配合しているのですが

その根のたくましい生命力を想うと、この繊細な花弁のうつくしさがより際立って感じられ、ついつい眺めてしまいます。

今回は長いまま大きなメイソンジャーに生けてみました。部屋の空気感が変わりますね。これから開いてくるのも楽しみ。


さて

同じように、あまりのうつくしさに息を飲んだのが、最近Instagram で拡散されているこちら。皆さんご覧になりましたか?

今年47才という ナオミ キャンベルのヨガ(?)動画です。

Youtube のリンクを貼ってみました、ぜひぜひ見て頂きたい、世界の至宝の47才!

しなやかで、伸びやかで、そして強くて、うつくしい。

あまりの優雅さに
何度も何度も見返してしまいます!

だいぶこじつけで単純ですが

うつくしいものは、花も人も、見えないところに強さを持っているのだなと
感動してみたりして。

凡人の自分にはこれから何ができるのだろうと自問自答したりしつつ
何度も画面に釘付けになっている週末です。

皆さまどうぞ良い週のはじまりになりますように!

雅子