こんにちは。

今日から4月。1年の1/4が終わってしまったとは、早いですね。そして色々な計画がまるで進んでおらずとても焦っています。

妊娠は35週となり、予定日まで約1ヶ月。最後まで悩みに悩んだベビーカーやベビーベッドも決定し、家の中がベビーグッズでにぎやかになってきました。とはいえ、まだまだ間に合っていないことも多いので、もっと急いで準備を進めなくてはです  ———

さて、間が空きましたが、LA〜Portlandの旅の記録の続きです。

食べることが大好きなわたし。たとえば友人の家に遊びに行く時や旅先で見ることが出来るはじめての商店街やはじめてのスーパーマーケットに行くのが大好きです。はじめての土地で、地に足のついた生活やその土地や生活する人の素顔が見られるようで、どこに行ってもわくわくするものです。

アメリカに越してきてからは、アメリカ各地はもちろん、ロンドンやパリ、ハワイに行く機会にも恵まれ、会社員時代には考えられなかったほど、旅することが日常となりましたが、そんなわたしがその都度欠かさないのがファーマーズマーケットに行くことです。

LAでも曜日ごとに開かれるファーマーズマーケットを逐一調べて見にいっていましたが、今回ご紹介するのはポートランドのもの。

ポートランドといってもぴんと来ない方もいらっしゃるかと思いますが、ポートランドは日本人も多く住むシアトルから車で2時間半程度の西海岸の小さな街で、今や全米で最も住みたい町No.1、同時にオーガニックな街としてもNo.1にランクされたフードや日本でも話題の''サードウェーブコーヒー''を中心としたトレンド発信地。「ガストロポリス(食都)」とも呼ばれるほど若手の実力派シェフレストランが揃い、おいしいもの好きがアメリカ中、世界中から集ります。そして、LAがファッションやビューティ、富裕層を中心としたイメージ先行型のオーガニックタウンだとしたら、ポートランドはもっと地に足のついて骨太な、生活や生きる信念に根ざした人の営みとしてあるべき形のオーガニックを嗜好している街と言えるかと思います。

昨年12月に念願かなってはじめて訪れ、すっかり惚れ込んでしまい、今回のBabymoonでもどうしてもと日程に組み込みましたが、本当に素晴らしい街。こんな街で子育て出来たらなあ。詳細は後日書きますが、今はいつかここに引越したいと妄想中の毎日です。

ポートランドの宿泊は迷わずACE HOTEL。このロビーの写真、一体どれだけ多くの雑誌に掲載されたんでしょう!
全米最大級規模と言われるファーマーズマーケットは大学の構内で。この日はお天気も良く大盛り上がりでした。
目に飛び込んでくるのはサラダ用のグリーン。バレルにたっぷり。
土地の恵みで育った根菜なども豊富に。
「パックに入って冷蔵庫」を見慣れた卵もこうして陽の光を浴びているだけでなんとも美味しそうですね。
オーガニックのはちみつ、ジャム、レリッシュやケチャップなども少量の手づくりの品がたくさん並びます。ここからナショナルブランドが誕生することも。
ベーカリーも出店。どこもおいしそうです。
アメリカ人の大好きなパイなども。素朴で家庭的。飾らないざっくり感がアメリカの焼き菓子の良さ。
街の人気メキシカンレストランも出店して行列に。
こちらも野菜がたっぷりでヘルシー。まるで韓国で見たモンゴリアンBBQみたいで美味しそう!でもランチを済ませてきたので食べれませんでした、残念!
広々としたアメリカらしいキャンパスでピクニック気分も味わえる素晴らしい環境でした。

ランチを済ませていたので「買い食い」も出来ず、見て廻るだけでしたが、プレゼンテーション、規模、テナントミックスといい、夫もわたしもアメリカで見た中でここが1番いいねとすっかりイイ気分に。ポートランドが知れば知るほどに住みたくなる街になりました。(引越したい!)わたしが知らない街のスーパーを楽しむように、アメリカらしいオーガニックでカジュアルなマーケットの空気を感じていただければ良いのですが・・・

そして、これからアメリカ東海岸もあたたかくなり、冬の間お休みしていたファーマーズマーケットが4月から続々と再開され楽しめる時期となります。やはり土地によってマーケットのキャラクターも違うので、都度ご紹介していきたいです。

ぜひ皆さんもお近くのマーケットや市場で採れたて野菜を生産者から購入するなど、お休みの日の予定に組み込まれてみると休日のメニューのアイディアもぐんと膨らむかもしれません。

雅子

Instagram

@masako4933

@plantology_diary