さーさんからの質問
Q.
手の甲の血管の浮きが気になるようになってきました。ケアする方法はないでしょうか?
uka代表 ネイリスト・渡邉季穂さんの回答
A.
基本ケアのほかに、悪目立ちしているところから目をそらす工夫を試みて!

年齢を重ねると手も痩せてくるので、血管や指の関節が目立つようになるんですよね。血管の浮きが悪目立ちするのが気になるということでしたら、指から手にかけて血流を良くするマッサージをしてはいかがでしょうか。良くマッサージして血流の良くなった手肌は、爪もピンク色になって健康的です。

ですが、血管が見えなくすることはできないので、BBクリームのようなもので色をのせたり、パールの入ったものを利用するのもおすすめです。ukaの「Bccハンドクリーム」は微細なパール入りで手肌のお悩みをカムフラージュすることができます。

手の甲のシミも気になる! という方にもおすすめ。 ウカ Bccハンドクリーム 60g SPF32・PA+++ ¥4320(税別)/uka  お問い合わせ先/uka Tokyo head office tel. 03-5778-9074

もう一つおすすめなのが、濃い色のネイルをすること。視線をネイルに集中させることで手肌のお悩みが気にならなくなりますよ。

Q1.「老け」を感じさせない、手元のおしゃれ方法はありますか?
A.ファッションも考慮してトータルバランスで統一感を持たせることが大切です。
ネイルアートをがんばり過ぎて手元だけ“はしゃぎ過ぎる”のもバランスが悪いのでNGです。がんばり過ぎず、“引き算”を意識してみてください。例えば、ナチュラルな爪にするなら長さと形をきれいに整えるとか、濃い色を楽しみたいときは短く整えた方がバランスが良いですね。

そして老けを感じさせないために最も大切なのは「保湿」です。カサカサの手元は何倍にも老けて見えます。うるおいに満ちているだけで、印象がガラリと変わります。

Q2.カサつき、ひび割れのない手元にするには?
A.ハンドクリームW(ダブル)使いをしてみてください。ダブルというのは2種という意味です。一つはウォーターベース、もう一つはこっくりとしたもの。水分と油分を補うことを意識してください。例えば、ひび割れて角質化されたところに油分の多いクリームばかりを与えてもなかなか柔らかくなりません。ローションパックをするなどして、水分を充分に与えて、柔らかくしてからクリームでしっかりと油分を与えましょう。
クリームやオイルは持ち歩いていつでもこまめに保湿をすることが重要です。「手を洗う&保湿する」をセットで習慣にしてください。頑固な乾燥にはバームを厚めに塗っておくのも効果的です。

Q3.水洗い、お風呂あがりなど、特別にケアしたほうが良いですか?
A.皆さんお顔のお手入れは入念にされていると思います。お顔のお手入れの延長で手元にも塗りましょう。意識してケアすると、格段に美しくなりますよ。あとは、キッチンや洗面所、リビング、デスクまわりにポンプタイプの化粧水やロールオンタイプのオイルなど、いろいろな場所に保湿グッズを置いて、気づいたときに手のケアをしてみてください。忙しい中でも簡単に使えるものを用意しておくのがおすすめです。

 

PROFILE
  • 渡邉季穂さん/uka代表・ネイリストトータルビューティーサロン「uka」代表としてサロン経営、アーティストとしてのサロンワークや媒体での創作、後進の育成のためのセミナーや講師として活動し、ネイルケアならびに新しいスタイルの提案と独自のネイル技術の普及に努める。