バンブーさんさんからの質問
Q.
最近40才も後半になり、ホルモンバランスの乱れなどから生理も乱れはじめてきました。最近では体型にも変化があらわれて、ダイエットをしようにもなかなか体重が落ちません。何か良い方法はありますか?
ウィメンズヘルスクリニック東京院長・浜中聡子先生の回答
A.
今の体型を維持するなら、今以上の努力が必要です。食事、運動の見直しを!

女性ホルモンのひとつである「プロゲステロン」が減少すると、おへそから太ももにかけてセルライトがつき、洋梨型の体型になってきます。デコルテやバストのお肉も垂れてきます。一見、座っているとわからないのですが、「脱いだらスゴいんです(笑)」というのは危険サイン。上半身のお肉が下へ下へと垂れて、ウエストまわりや太ももに溜まってしまうんですね。これも40代後半女性に多い悩みで、更年期症状のひとつでもあります。

昔も今も同じ生活をしているのに、体重はどんどん増えていくし、体型も変わる。つまり、痩せたくても痩せられない、という実情。これは、「代謝の低下」が原因です。

厳しい言い方ですが、「プラスαの努力をしなければ、今ある体型は維持できない!」と思ってください。来院する患者さんの中には「ホルモン補充療法で体型を維持したい」という方がいらっしゃいますが、ホルモン補充をしたからといってすぐに痩せたり、体型が変化するということにはなりません。

薬を使わない方法、つまり、生活習慣で努力できることはしっかりする、ということが体型維持の一番の近道だと考えています。
具体的な方法として、

・ 食事の量を減らしたり、食事方法を見直すこと
・ 適度な運動をする

など、ありきたりな方法ですが、これらが一番効果的。運動もしていないのに、昔と変わらずドカ食いしていませんか? 代謝アップを目指すなら、運動も適度にしたほうが良いですね。体を動かすことで、筋肉維持や脂肪の燃焼を促すことが可能となります。無駄なお肉をつけないためにも簡単な運動やエクササイズを継続することが大事。ぜひ、おこなってみてください。

PROFILE
  • 浜中聡子先生・ウィメンズヘルスクリニック東京院長ウィメンズヘルスクリニック東京(旧AACクリニック銀座)院長。医学博士。米国抗加齢医学会(A4M)専門医、国際アンチエイジング医学会(WOSAAM)専門医、米国先端医療学会(ACAM)専門医などの資格を多数取得。心身両面からのケアで「ウェルエイジング」を提唱し、臨床現場に立つ。