あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

今年も大好きなミモレで、愛しの文具雑貨にまつわる話を投稿できる幸せをかみしめつつ、、新年最初のご紹介を何にしようかと迷って迷って、、

数日前の暮れにパリ旅をした時に出合った、パリ雑貨(文具も)の写真を、少しずつご紹介します。

パリのインテリアや雑貨は、お店のウィンドウのものも含めフォトジェニックなものが多く、ついついシャッターを何度も切ってしまいます。

まずは、エルメス本店のウィンドウディスプレイから。

注目は、オレンジボックス。

手袋の箱、ブーツの箱、バッグの箱が、、なんとそのままの形。

 

 

 

 
 

道行く人が皆足を止めて歓声をあげる、粋な演出、、さすがエルメスです。

もちろん、これはディスプレイ用のようで、、

これが手に入るものなら、箱だけのために、私は清水の舞台から飛び降りますが、、笑、、

 

ホリデーシーズンのウィンドウは、エルメスをはじめ各ラグジュアリーブランドが華やかさを競い合う場所。フォーブルサントノーレ通りのウィンドウが楽しすぎて、写真を撮りすぎてしまうので大変です。

ちなみに、今回の本店でのお買い物は、小さな小さな革のボックスです。

かなりマニアックなものを入れる箱。えーそんなもののための入れ物があるのー?と友人は驚いてました。

うふふ、それはまた後日ご紹介しますね。