しのはさんからの質問
Q.
一重まぶたの大人メイク、落としどころがわからず最近悩んでいます。大体のアイメイクは二重前提なので参考にならず。マスカラはあまり好きではないのですが、ベージュのアイメイク+あっさりマスカラだと、ほぼノーメイクな印象になるので悩んでいます。
チームmi-mollet 長谷川真弓の回答
A.
上まぶたの立体感が決め手。グラデーションメイクがおすすめ

一重まぶたのメイク悩みは、この時期になると多くなりますね。ファッションもメイクもアップデートしたくなる季節。ですが、二重まぶたのメイクでは残念ながら参考になりづらい、という声を聞きます。しのはさんのように一重まぶたの大人メイクのコツがわからないという方は、結構いらっしゃるのです。

以前、同じような悩みに答えた記事がありました。

関連記事
簡単一重アイメイク法を教えてくださいはコチラ>>


悩み解決型の花王のモノづくりにはいつも感心していたのですが、このシリーズは、一重まぶたでも立体的に見えるメイクを提案しています。それもパレットにあるそのままをブラシにとって、まぶたにのせるだけという簡単さ。

一重まぶたの悩みといえば、腫れぼったく見えてしまうこと。ですが、「まぶたを立体感に見せる」ことで解決できるとか! ここ最近は、単色アイカラーをちょこっと使用するだけのシンプルメイクがはやっていますが、一重まぶたの人こそ、まぶたが大きく見えるグラデーションメイクが良いなんて、その当時は知りませんでした。
実際使ってみると本当に便利。プロのメイクさんも「よく考えられた商品」だとおっしゃっていましたし、一見の価値……いや、ぜひとも試していただきたいアイテムです。

他には、一重まぶたのお悩みを上手にカバーするメイクをいくつか紹介します。

① アイライナーを2mm足して
今、アイライナーを使用しているならば、今年の春はもう2mm長く引いてみてください。20代の若い子たちのような「ハネ」ラインは必要ありません。目頭から目尻に向かって真っ直ぐ引いてください。大人の女性の横顔から、ちらりと見えるラインはとても美しいんですよね。できれば黒ではなく、ネイビーやパープルカラーのアイライナーをおすすめします。

② チークで血色感を
一重まぶたの方だけではなく、年齢を問わずおすすめしたいのがチークメイク。頬に血色感のある人は生き生きと見えるので、目元のメイクがシンプルでも女性らしさを演出することができます。
チークの付け方は、こちらを参考に!

関連記事
肝斑をカバーしながらチークをつける方法はコチラ>>