title
1

【光野桃 短期連載①】
光野桃さんからのメッセージ
「60歳になっておしゃれが楽しい!と思えるためにセレブから学べること」

 

みなさん、こんにちは。
久しぶりに愛するmi-molletに帰ってきました。お元気でおすごしですか?

今日5月24日、新刊エッセイ「白いシャツは、白髪になるまで待って」が発売されます。

その刊行を記念して、今日から毎週木曜日と月曜日の8回にわたり、6月18日まで短期連載で、この特集をお届けすることになりました。

「白いシャツは、白髪になるまで待って」は、60代になったわたしの、人生とおしゃれに対する心の変化と喜び、そして工夫を、毎日使える80本のおしゃれのヒントに託して書きました。

長年、苦しんだり悩んだりしながら60代になり、ふと気づくと、あらゆる縛りや思い込み、コンプレックスからも解放され、おしゃれってなんと自由で清々しく、楽しいものなんだろう、と心の底から言える境地になっていました。

もちろん、腕が思うように上がらなかったり、腰が痛くて颯爽と歩けなかったりと、歳を重ねることで受け入れなければならない弱さもあります。でも、それさえも日々の冒険、強みや魅力に変えられるのだ、と感じています。

そんな新たなおしゃれの季節に、気になるスタイルを持つひとが7人います。

この連載では、1回につき1人を取り上げ、新刊の本文から抜粋した解説を添えてお送りします。

本の方には写真はないので、本を片手にこのページを眺めていただけると、より立体的に楽しめると思います。

セレブから学ぶ方法は、いかにしてそのエッセンスを抽出し、見抜くか、ということ。

美人でスタイルもいい彼女たちが素敵なのは当たり前ですが、分析的に観察すると、わたしたちの日々のおしゃれに取り入れられるアイディアがいろいろ見つかります。着こなしやコーディネイトから心構えまで、7人のセレブを一緒に研究しましょう。

来週月曜日の連載第2回目は、往年のトップモデルで女優でもあったローレン・ハットンのトレンチコートの着こなし。70代になっても現役モデルとして活躍するハットンの、超絶美しい姿から学んでいきます。どうぞお楽しみに !

 

 

『白いシャツは、白髪になるまで待って』
刊行記念トーク&サインイベントのお知らせ


日時:2018年6月2日(土)14時〜

場所:HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE(日比谷シャンテ3F)

内容:光野桃さんが新刊刊行記念トークショーを行うそうです!参加者へのワンポイントアドバイスも。トークショーへはどなたでもご参加可能。サイン会当日までにHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE(日比谷シャンテ3F)で新刊を購入、またはお電話で予約して取り置きされた方は、サイン会にも参加できるとのこと。光野さんと直接お目にかかってお話しできるチャンス!イベントの詳細は下記をご覧ください。
http://www.hmv.co.jp/store/event/33616/

 

 

<新刊紹介>
『白いシャツは、白髪になるまで待って』
光野桃 著(幻冬舎)定価1300円(税別)

「60代になって、びっくりするほどおしゃれが自由に、楽しくなった」。そう語る光野桃さんが「年齢を重ねてからの80のおしゃれのヒント」を本にまとめました。それらは「ベージュには黒」「陰影をブルーで着こなす」「毎日デニムとローファーだけで」「あえてノースリーブを着る」「変わりたいとき、メガネを変える」など、実際に毎日の着こなしに役立つものばかり。決して「こうしなくてはならない」というものではなく、「こっちのおしゃれも楽しいですよ~」手招きしてくれているよう。40代の「おしゃれと生き方の
トンネル期」を抜けた先には、こんなに爽やかで自由な未来が広がってくるのかと思える一冊です。

 


特別寄稿/光野桃 
構成・文/川良咲子(編集部)
写真/アフロ