トリップさんからの質問
Q. 人の愚痴を言ってくるし、私の愚痴も言う同僚。
どう対応したら良いでしょうか?

こんにちは。30代女性です。仕事での人間関係が上手くいかず、悩んでいます。都合の悪いことや納得いかないことがあると、愚痴を誰にでもいう同僚がいます。例えば上司に気に入らない態度があると私に言ってくるし、私の気に入らないところがあると他の人に言うし。正直疲れます。あまり関わりたくないのですが、仕事人数が少ないので、お願いしないといけないこともあります。ですが何を言われるか分からないので、不安です。人間関係が苦手な私はいつも壁にぶつかります。どうしたら良いのでしょうか。

特別ゲスト 佐々木圭一さんの回答
A. 愚痴を言っていると
自分の嫌いな方向に進んでいくよ、
という伝え方が効果的です。

愚痴っぽい同僚を否定して人間関係を悪くはしたくない。でも頷いて同じように人の愚痴を言っている、とも思われたくないですよね。
たとえば、

×「愚痴ばっかり言うと、嫌われるよ」

なんてストレート言ったら、たちまち今度はトリップさんが悪口の標的になってしまいそうですもんね。角が立たないようにするためには、こう言ってみたらどうでしょう。

「◆◆さん、せっかく美人なのに、マイナス発言ばっかりしてたらもったいないよ〜!顔が暗くなっちゃうもん!」

これは、伝え方の技術の「嫌いなこと回避」を使っています。相手が嫌いなことを提示することで、避ける方向に導くという技術です。「顔が暗くなって、美人が台なしになる」というのは、きっと相手にとって避けたいことだと思います。すると、「愚痴はやめとこうかな……」と思わせることができる。同僚の方の嫌いなことを思い出して、ぜひこの技術を使ってみてください!
 

PROFILE
  • 佐々木圭一(ささきけいいち)コピーライター、上智大学非常勤講師。博報堂を経て(株)ウゴカスを設立。博報堂入社後、コピーライターの部署に配属されるものの、伝えることが得意でなく、ストレスから1年で15%の体重増に。そこから、伝えることには技術があると発見、人生が変わったという経験を持つ。その技術を綴った著書『伝え方が9割』(ダイヤモンド社)はベストセラーに。他に『伝え方が9割2』『まんがでわかる 伝え方が9割』がある。 この人の回答一覧を見る
 取材・文/山本奈緒子 

 

ライフスタイルのお悩み回答者一覧