title
2

山根亜希子が愛してやまないバケツ型バッグ、次に欲しいのはコレ!【第2回】

前回に引き続き、ミモレブロガーの山根亜希子さんが今から持ちたい秋バッグを探しに、気になるブランドのプレスルームを訪問。いち早く新作バッグを拝見してきました。第2回目の今回は、「とにかくバケツ型バッグに目がないんです♡」という山根さんが、愛用中&気になるブランドの最旬バケツ型バッグをチェックします!

バケツ型にとにかく目がない♡
山根さんの愛用バッグはこちら

山根さんが愛用中のJ&M デヴィッドソンのバケツ型バッグ。右「ずっとカーニバルのタイプが欲しいなと思っていたところ、昨年訪れたロンドンでグリーンを発見!」左・「黒のバケツ型もロンドンで。ちょっとクールな感じがワードローブにはなかったので購入しましたが、こちらもお気に入りです」

「普段からミニバッグ派ということもあって、ついつい選んでしまうのがバケツ型(筒型)のタイプ。コロンとした形や、ミニサイズでも底が大きいので意外と収納力がある点も魅力的。J&M デヴィッドソンの鮮やかなグリーンのバッグは、デニムやベージュのベーシックな服に意外と合うので出番の多いアイテム。黒のバッグは万能!ワンピースやスカートの時にコンサバになりすぎないよう合わせることが多いです」



まずは愛用ブランドをチェック!
J&M DAVIDSON【J&M デヴィッドソン】


シルバー×スタッズのミニデイジーにひと目惚れ!

 
定番のデイジーよりひと回り小さいミニデイジー。外ポケットにスタッズがぐるりと一周付いたタイプは新鮮!「スタッズが付いていると、また印象が変わりますね。実は以前購入するとき、シルバーの色味とも迷ったんです。どんな色にも合わせやすいですし、1点効かせるだけでおしゃれに見えそう。サイズ感も小荷物派にはちょうどいい感じです!」MINI DAISY WITH STUDS(シルバー)(幅17.5cm×高さ26.5cm)¥159000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ジャケット/ザラ ワンピース/ユナイテッドアローズのオリジナル シューズ/3.1フィリップリム ※すべて山根さん私物
プレスルームで秋新作をチェックする山根さん。やはり気になるのはバケツ型のタイプ。「実はこちらで見かけた、秋冬の赤地にチェックの長め丈スカートもひそかに欲しいなと思っていました(笑)。秋はクラシックでレディな装いにも挑戦してみたいです」


他にも気なったのは・・・
3WAYの折りたたみクラッチ

 
二つ折りにしてクラッチバッグ、そのまま持ってトートバッグ、ストラップを付けてショルダーバッグ、と3つの使い方が可能。ホワイトレザーにスタッズが施されたスタイリッシュなデザイン。「3WAYで使えるところが良いですよね。私だとクラッチで使うことが多そうですが、オフィス用に使う方はトートバッグとして使うと、マチもあるので使い勝手が良さそう。クラッチって持ちづらい事もありますが、これは軽くてしなやかなレザーなのでフィットする感じがいいですね」IRIS S WITH STUDS(ニューホワイト)(幅23.5cm×高さ30cm×マチ12cm)¥125000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)※コーディネートは上と同じ
山根 亜希子

AKIKO'S コメント

「イギリス好きな私としては、上質で流行に流されない、でもどこかにエッジが効いているJ&M デヴィッドソンは持っているだけでワクワクするブランドです。すでに2つのバッグを愛用中ではありますが、今回選んだシルバーとホワイトはまだ持っていない色。今回コーディネートと合わせてみて、シルバーはやはり万能だな、と。また、冬は白い小物を足したくなりますよね。冬の白も可愛いですし、、また欲しくなってしまいそう(笑)!」


J&M DAVIDSON【J&M デヴィッドソン】とは?
J&M デヴィッドソンは、 1984年にデザイナーであるイギリス人のJohnとフランス人のMonique夫妻のイニシャルを冠したブランドとしてデビュー。ベーシックなアイテムにモードなエッセンスを取り入れた大人の遊び心が散りばめられたバッグの数々は、ミモレ世代にもファン多数。いつまでも飽きのこないリュクスなバッグ&レザーグッズのブランドとして愛され続けています。
公式WEBサイト:http://jp.jandmdavidson.com

 


店頭で見かけ気になっていた、感度高めのこのブランド
paco rabanne【パコ ラバンヌ】


小さいながらもインパクト大!なアイコンバッグ

 
スペイン人のパコ・ラバンヌが1966年にパリで立ち上げたブランド、paco rabanne。針と糸ではなく、ペンチや接着剤を服作りに使用して、ファッション界に鮮烈なデビューを果たす。その、まさに鎧のようなドレスのアイデンティを汲んだこちらのバッグは、レザーの円形パーツを繋ぎ合わせた、ブランドのアイコン的バッグ。「お店で見かけて、ずっと気になっていたブランドなんです。レザーとシルバーの組み合わせですが、ロックなテイストになりすぎず、品があって持ちやすいなと感じました。何よりこの小ささが好みです♡ コーディネートのポイントとして活躍してくれそう!」バケットバッグ(幅13cm、高さ18cm、マチ13cm)¥130000/エストネーション(パコ ラバンヌ)※コーディネートは上と同じ


他にも気なったのは・・・
絶妙カラーのフラップバッグ

 
フラップタイプの薄型ショルダーバッグの縁に、シルバーリングのデザインが施されたデザイン。「このブラウンとも、オレンジとも言い難い絶妙なカラーがキレイですよね。ショルダータイプのバッグはあまり持っていないのですが、これは薄型で収まりが良さそう。シルバーチェーンの肩がけも付いていて、2WAYに使えるのも便利ですね」フラップバッグ(幅25cm、高さ18cm、マチ5cm)¥150000/エストネーション(パコ ラバンヌ)※コーディネートは上と同じ
プレスルームでパコ ラバンヌの新作をチェックする山根さん。「ポップアップで見かけたイメージとはまた違いますね!シャープな感じもまた素敵です」
山根 亜希子

AKIKO'S コメント

「こちらのブランドは、六本木のエストネーションでポップアップを開催していた時に初めて見かけました。そこに並んでいたのが、底が雲だったり、ハートだったり、また色もブルーやイエローのカラフルな巾着バッグで・・。なんて可愛いんだろう♡と、強く印象に残りました。今回のバッグはシンプルな素材なのに、デザインにパンチが効いていて、アクセサリー代わりにもなってくれそう。ますます気になるブランドになりました!」


paco rabanne【パコ ラバンヌ】とは?
1966年に布地以外のメタルやプラスチックでドレスを作り、近未来を予感させるデザインで革新を起こしたパコ ラバンヌ。2013年よりクリエイティブ・ディレクターにジュリアン・ドッセーナを迎え、今の時代の流れを汲んだ新解釈のデザインを次々と打ち上げています。特に上質なレザーを使ったバッグは、ファッション業界はじめ、感度の高い人々の間で人気に。
エストネーションWEBサイト:https://www.estnation.co.jp※六本木店と銀座店で展開中



山根さんの気になるバケツ型バッグ、いかがでしたか? どれも小さいながらも存在感大! コーディネートのアクセントになってくれそうなアイテム揃いでした。次回は山根さんが愛してやまないあの2大ブランドの秋新作バッグが登場します♡ どうぞお楽しみに!

【SHOP LIST】
J&M デヴィッドソン 青山店 tel. 03-6427-1810
エストネーション tel. 03-5159-7800

山根 亜希子

1973年兵庫県宝塚市生まれ。航空会社で8年間勤務した後、結婚を機に東京に移り住みました。以来、夫とふたりで都内暮らしをしています。自他共に認める大草さんファン!


撮影/目黒智子 出演/山根亜希子
ヘア&メイクアップ/後藤若菜(ROI)
文/朏亜希子(編集部)
構成/川良咲子、朏亜希子(編集部)