東京に戻ってきて1年、色々と立場もありブログが書けずに
mi-mollet編集部の皆さまにはご無礼をしてしまいました。
もちろん、読者の方にも。
書けなかった理由は東京に戻ってきてからの仕事上の少々複雑な立場。
フルタイムでの仕事と育児にひたすらに体力と時間がないこともありましたが、ようやく気付いたのは、今更だけど、なりたい/見せたい自分と、本当の自分のギャップが大き過ぎて自分が「楽しんで」書くことができていなかったからかと。

気づけばこの4か月。
mi-molletも大森さんが編集長となり、読みものや連載の厚みがこれまでとまた趣を変えてきた感がありましたよね。
きっと大森さんは偉大なるファッショニスタでセレブリティである大草前編集長からの引き継ぎにプレッシャーもあったはず(かな?大森さんならないかな?)だけど
思い切って自分色を出すことで吹き飛ばそうとされているのではないかな。

わたしも人生の色々をまた考える今、「見せたい自分」に自分で自分を押し込めるなんてバカみたいだなと思い(先ほど呑みながら鍋をかき回しながらなぜか「!!!」とキター)ブログの方向性を変えようと思いました。
私はステキなライフスタイルを綴れるオシャレ奥さまでもないし(なりたいけど)皆が憧れるセレブな敏腕経営者でもない(儲かりもしない零細企業を、大切なお客さまたちに支えられてどうにか維持している程度)--- そして、普通に会社に席も持つ普通の「ワーママ」です。
(あ、色々と掛け持っているところだけは若干特殊かもしれませんが)

大森さんに「ワーママが等身大に書いてくれるブログも要望あるんだよ」って引き続き言ってくれたこともうんと勇気をもらった理由。
なので、今日から「ママはマーケッター」。
日々見たこと、聞いたこと、ミーハーなマーケッターで
3歳児を持つワーママなわたしの日常の視点で綴りたいと思います。
はてタイトル変えようかなどうしようかな。

仕事に育児にじぶんの時間と人生にと悩めるワーママ皆にお勧めしたい1冊。頑張ってきた先輩ならではの優しい視点で私たちを応援してくれる感じ。少しずつ読み進めるたびに気持ちがスッと落着きます。

 

ワーママといえば時短。mi-molletにこんな写真アップしてごめん。でも裏がえす必要ない洗濯ネットだって!これで2秒くらい短縮できる!wさすがMUJI!マーケッター的にいえば、単に時短だけでなく、今時100円ショップでかわいめの洗濯ネットが買える時代にMUJIならではの生活シーンの観察を通して付加価値をつけてくれたのがさすがなのであります。
MUJIの家に住むわたし。別にすごいファンてわけではないんですけどね。笑 このほんは、ものづくり、ブランド作りに関わる方にお勧めすると、とても評判が良いです。MUJIの強さには本当に様々な要素がありますが、ここで語られる思考の仕方もその大きな1つのはず。

雅子