皆さんこんにちは。齊藤幸恵です。7月より始めたミモレのブログも今日で25回を数えました。書きたいことが沢山あるのに、その頭にある書きたい事を書く、ブログとして皆さんにお伝えするという事が意外に難しく、表現が適切では無かったり、ぶっ飛んだ(笑)表現をしたりして、自分が思ったニュアンスとずれてしまう事もしばしば・・・。自分のボキャブラリーの無さに愕然とする日々。写真もあまり上手にとれずにいますが・・。意外と日々暮らす中で様々な事を考えているんだなと感じたり、コメントをいただくことで、同じことを考えていらっしゃる方がいるのだな、とかそういう考え方もあるのだなと勉強になることばかり。そしてコメントを頂いてすごーく嬉しくて、コメントを返そうとすると、またここで頭を悩ませます。文章が終われないのです(笑)コメントをくださった方の文を読んでまた刺激され、もっと色々とお聞きしたい事が出て来たり、どんな方かな??なんて想像したり(笑)だけれど、あまりに長くても…と思ったり(笑)でも、本当にありがとうございます。私のつたない文章を読んでいただき感謝しています。コメントはとても嬉しいので沢山くださいね(笑)

先日地域のしめ縄作り講座に行ってきました。

お正月を迎えるにあたり、地域のしめ縄づくり講座に行ってきました。私が興味を持ち、小学4年生の娘が嫌がるののを無理無理(笑)友達もつれてきていいからと誘い(笑)行きました。

農家の方が昔は家で行っていた、なわない。雪国では、雪囲いの時にも使います。そしてお正月の飾りにも使われるしめ縄にも使われます。神社にもありますよね。材料は藁なのですが、今の時代刈り取りの際にコンバインでで藁も細かく切ってしまう為、藁自体が貴重になっているそうです。

何度やっても出来なくて(笑)個別指導をうけました。

このなわないもそうなのですが、今まで家庭で行ってきた事が次の世代に伝承されないことが多いなと感じています。例えば置賜地方では、お祝い事や、お正月などに、鯉を食べるのです。以前は家庭で作れていた料理が今はお店で買う物になってしまっているのです。そのようになってしまうのがちょっともったいないなぁとずっと感じていて、すべては無理でも出来る事、興味のあることは知っておきたいな!!と思っています。(その思いから、かご編みや、しめ縄作りも参加したのでした。昔の伝統行事などに興味があります。)

2時間半の間に何とか形になりました!神棚と玄関に飾ろうと思います。

今年1年、素敵なチャンスをいただいたミモレ編集部のみなさん、そしてブログを読んでくださった皆さん、そして私に米沢でミモレのお茶会あるよーって教えてくれ、ずっと私の様々な事を応援してくれる大学時代の大切な友人!R子!本当にありがとうございます。このブログから、実際に、置賜四季のめぐみ便を申し込んでくださった方も。本当にご縁に感謝いたします。ありがとうございます。そして来年2019年が皆様にとって良い年となるよう祈っています。みなさまよいお年をおむかえくださいね。来年もどうぞよろしくお願いします。

置賜四季の暮らし舎のHPはこちら

置賜四季の暮らし舎のFBページはこちら

置賜四季の暮らし舎のInstagramはこちら