title
2

ニット×シャツは古い! “脱ほっこり”な今どきレイヤードって?

寒いからって、数年前と同じように、ニットの下にシャツを着るレイヤードをしていませんか? スタイリスト川上さやかさんによると、この重ね着は今ではもう古く、その古さがほっこりに繋がってしまうそうです。では、今はどんなレイヤードが正解なのでしょうか?
 

あか抜けない印象に見えてしまう、シャツ×ニットのレイヤード

 

「数年前なら私もしていましたが、このレイヤード、今見ると古く見えませんか? シャツの襟が生真面目な印象を醸し出し、抜け感がありません。シンプルなスタイルが主流の今、立体的な襟のデザインがゴチャっとして見えるというのもあると思います。
古く見える、抜け感がなく重い=ほっこり見えに繋がります。カジュアルなシャツやパリッとしたシャツをニットの下に着るのはやめておくのがよいでしょう。
ちなみに、女らしく今どき感のあるデザインのブラウスならいいと思いますよ」


ニットの下に着るのは、クルーネック&ボトルネックの白カットソーがいい!

カットソー(上)/カレンソロジー カットソー(下)/エイトン

「では、シャツの代わりに何を着ればよいのか。今なら、クルーネックやボトルネックの白カットソーが断然おすすめです。カットソーならではのカジュアルな印象が着こなしにキレ味を加えてくれます。また、白という色が装いを軽やかに見せてくれます。

写真上のカレンソロジーのカットソーは、今季のセールで買ったものです。ボトルネックの立ち具合がとても美しく、シンプルな着こなしもほんのりモードに仕上げてくれます。あまりに使えるので、最近まったく同じものをもう一枚買い足したばかりです。
写真下のエイトンのカットソーは、前後差のあるすそのデザインがポイントになってくれます。

ここまで寒くなる前までは、ユニクロユーの白Tシャツもインナーとして活躍していました」

 

エイトンのクルーネックカットソーを使って…
カットソーはどこか2か所をのぞかせて着るのが正解

カットソー/エイトン ニット/メゾンアンジュ パンツ/ビューティ&ユース 靴/コンバース イヤリング/ユナイテッドアローズ リング/ティファニー、ドゥジャガー

「ニットの下からカットソーを着る場合、どこから白をのぞかせるのも大事なポイントです。首元、袖、裾の3か所すべてを見せてしまうと逆効果。今どきのカットソーを着ても古い印象に見えてしまうものです。どこか2か所だけを出しましょう。このコーディネートの場合は、首元と裾の2か所。もし袖を出したいなら、首元か裾を見せないように工夫してくださいね。

ちなみに、ニット×ニットパンツという、ほっこり見えがちなニット同士の組み合わせがうまくいくのも、白カットソーのおかげです!」

 

カレンソロジーのボトルネックカットソーを使って…
袖の白は広めに見せるのが好バランス

カットソー/カレンソロジー ニット/オーラリー パンツ/ケイト 靴/アクネ イヤリング/シャルロットシェネ リング/ティファニー、ドゥジャガー

「シンプルなクルーネックニットの下にこのカットソーを着るだけで、おしゃれな感じに見えますよね。袖の白を広めに見せるのも今どきの着こなし方だと思います。以前は、1〜2センチくらいだけをチラ見せするのがよかったと思うのですが、これだけで新しい雰囲気に見えるので、ぜひ試してみてくださいね」
 

PROFILE 川上 さやかさん

スタイリスト。大手金融会社のOLからスタイリストに転身した異色の経歴の持ち主。シンプル&ベーシックな中にも上品な女らしさが光る、リアルな通勤コーディネートが人気。身長154㎝。instagram:@sk_120

撮影/目黒智子
スタイリスト/川上さやか
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.)
構成/高橋香奈子

 

第1回「ほっこり&太って見えそうなボアコートに物申す。その正解は?」はこちら>>

特集「スタイリスト川上さやかさんが徹底レクチャー 大人の女性は、“脱ほっこり”であか抜ける!」はこちら>>