こんにちは!

東京にいたあいだ、久しぶりの場所に行って来ました。

日本に住んでいたときは時々クッキーを買いに行っていたカフェ、気がついたらフレンチアンティークショップに変わっていたのですが。

目黒通り沿いにある、マムールです。

ここが日本とは思えない感じ、じゃないですか?!

オーナーのまみさん(名前もほぼ一緒!)は、私が25ans編集部にいた頃から、発表会でお見かけしたり(まみさんがお菓子をケータリングされていたのです)、ご自身のカフェでお会いしたりで、知ってはいるけれどそこまで深く知ってるわけではない間柄でしたが、パリに来たら、ラデュレCEOのサフィアが共通の知人であることがわかったりして、「これは何かご縁があるのかも」と勝手に思っていたのです。

ちょうど目黒通りに用事があったので、「そうだ、お店に寄ってみよう!」と訪れてみたのでした。

当然なんのアポも入れておらず、今サイトを見たら結構不定休なのですが(あぶなーい汗)、まみさんにも再会でき、可愛いお店もささっとですが見られました!

可愛いものが、ザクザク!

そのサフィアが自身のサイトでご紹介しているほどですが、マムールは本当に、東京の中の小さなパリ!です。

サフィア先生のお家から譲り受けたというものもあったり!

パリのブロカントの、それも品揃えが抜群にいいスタンドに出会ってしまって、足が止まってしまうかのような、そんな感じ。

古いものだけでなく、現代のものも、まみさんのセンスで選ばれているからどれもすごくおしゃれ。

こんな可愛いジアンのお皿も、日本で先行予約販売されていたりもします。

私のことなんて覚えてないかなー?なんて思って行ったのに、わあ!と迎えてくださって、あれこれワイワイおしゃべりして、短い時間でしたがすごく楽しかった★

アンティークのものって、その品物がどんな歴史を持っていて、どうやってその場にやって来たかまでが、すごく大事なところですよね。その点、まみさんの柔らかい人柄と豊富な知識に触れるほど、そこにあるものが全て「欲しいな〜」と思えてしまう(だからある意味危険!笑)、そんな素敵なお店だったりします。