子供と2人の人生も良いけれど…

子育て、仕事、生活環境…アラフォー世代の“暮らし”には“悩み”がつきもの。
そんな悩みが少し軽くなるアドバイス、お届けします!
(※この記事は連載の一部です。バックナンバーは画面下の【関連記事】から)

今回は“再婚”に関するお悩み。シングルマザーの子連れ再婚に関して、「mi-mollet(ミモレ)」コンセプトディレクター・大草直子がお答えします。

【お悩み】ズバリ、子持ちの再婚について


私は子供が1歳で離婚しまして、それから1人で(両親のお助けはモチロンございます)育てております。

離婚から一年経った頃から新しい恋、再婚を意識し始めました。結婚懲り懲りという方もいらっしゃいますが、私はぜひご縁があれば再婚したいです。ただ会社と保育所の往復だけで出会いはなく…。チャンスがあってもやはり自分から連絡先を聞いたりは出来ず。
バツイチ子持ちというので相手が引くんじゃないか? 少し頑張ってもあともう一押しが怖くてできません。何か一度拒否されると傷つくのが怖くて。あとはもし上手くいっても、いつデートするの? そんな時間あるの?と。
離婚後新しい出会いは沢山ありましたが、全て女性。新たな友人が出来る事は嬉しいことですが…私は恋がしたい! そんなん知らんわ!っていう相談ですみませんでした…。よろしくお願いいたします。(あずん)
 

A. 自分の中で再婚へのルールを決めてみて!(mi-molletコンセプトディレクター 大草直子)


あずんさん、こんにちは。お仕事をされながらお子さんを育てていらっしゃる、とのこと。私もシングルマザーでしたので、そのご苦労や日々考えることは、少しはわかるつもりです。

きっとお子様は、あずんさんの背中を見ていますね。「ママは頑張っている」と。その中で、ご自分の幸せを考えることは当然です!もしそれが再婚であれば、叶うと良いですね。

たくさんのご友人との出会いがあるということは、それだけあずんさんがオープンで、人を呼ぶパワーがあるということ。彼女たちに「結婚したい意思」を伝えておくのも手だと思いますよ。あずんさんの魅力を知っている人たちは、きっとそれをそのまま伝達してくれるはずです。

私も「子持ち再婚」をしました。男性との付き合い方で、自分の中で明確なルールを決めました。まず、「自分の中で結婚が決まるまで、子供をその男性には会わせない」「経済的に自立する」「結婚の理由を子供に押し付けない」。

例えば、「娘がなついているから、きっとうまくいくに違いない」などと思うのは危険な気がしたのです。あとは前の夫との子供を認めてくれる人、ということが、私の中で譲れないルールでした。相手の経済状況や国籍(現夫はベネズエラ人です)は全くどうでもよく、その結果、神様からの贈り物のような夫と出会えました。

結婚をする、という話の中で「私には子供がいますがいいですか?」と最終確認をすると、「前の結婚もあなたの一部で、その過程でできた子供は、あなたの人生の一部。あなたの手や足も愛するように、あなたの人生を丸ごと愛します」と言ってくれたのを聞いて、やはりこの人以外はいない、と思いました。

あずんさんも、ご自分のペースで、そして今も幸せだと思いますが、もっと幸せになってくださいね。

大草直子

1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年1月よりWEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の編集長、2018年7月には、ミモレのコンセプトディレクターに就任。 近著に 『大草直子のSTYLING&IDEA 10年後も使える「おしゃれの結論」』(講談社)がある。プライベートでは3児の母。

(この記事は2015年2月10日の再掲載です)
構成/佐々木奈々子

【関連記事】
1) 40歳目前になって愛する人から別れを切り出された!
2) 小さい子供を置いて仕事に出かけるのが辛いときは?
3) 既婚で子持ちの友人との付き合い方に悩んでいます
4) 子供を持てないかもしれない不安にどう向き合えばいい?
5) 忙しくて八方ふさがりのときの乗り切り方は?