肌についてのお悩みやコスメについてのあれこれを専門家や美容のプロがアドバイス。今回は、悩ましい化粧品かぶれについてのお悩みにお答えします。

写真:shutterstock

くめきちさんからの質問

Q. 化粧品かぶれを引き起す原因を特定したい


先日チークを買い換えたのですが、使い始めて3回目くらいでかぶれるようになってしまいました。チークだけでなく、アイシャドウでも同様のことがあったりして、お試しをしても結局何回か使用してみないと皮膚の反応がわからないことがあり、購入後失敗することが何度かあります。原因の特定をできる方法やクリニックなどがありましたら、教えていただきたいです。



教えてくれたのは、ウォブクリニック総院長・高瀬聡子先生

A. 肌との相性を見極めることが先決です。


何度か似たような症状が出るということは、肌と相性の良くない成分があり、それがアレルギー反応を引き起こしている可能性が高いです。これを機会に製品の全成分のパッチテストをして、どの成分が肌と相性が悪いかを見極めるのも良いかもしれません。アレルギー専門の皮膚科、もしくは大学病院の皮膚科で診てもらうしかありませんが、こわごわ使用するより原因がわかったほうが気持ちが楽になりますよね。
なお、くめきちさんのような方は、新しい化粧品を使う際、サンプル品等で事前にテストすることをおすすめします。腕の内側などでテストして、かゆみ、赤みなどの症状の有無を確認し、使ってください。

もし、化粧品を使ってかぶれしまったら、当たり前ですが使用を中止してください。赤み、かゆみが引かない場合は、皮膚科で診てもらってください。
 

PROFILE
  • 高瀬聡子先生/ウォブクリニック中目黒 総院長東京慈恵会医科大学卒業後、皮膚科医として勤務。2007年にウォブクリニックを開院。共著書に「いちばんわかるスキンケアの教科書」(講談社)
(この記事は2017年3月24日の再掲載です)
構成/八木啓子 

 

ビューティのお悩み回答者一覧