みなさん、こんにちは!冬と春が綱引きしているようなお天気で、実は昨日は雪が積もりました!!季節外れの雪にびっくり。今年は暖冬で、雪が少なくて春が早く来るのかな?と思っていましたが、まだ置賜は桜の蕾が固いままです。東京から戻り新学期も始まってしまいましたが、東京での思い出を書いてみたいと思います。

上野の桜見てきました!

実家から近いので毎年春休みに帰ると上野の桜を見に行きます。毎年、東京で桜を見て米沢のお祭りで桜を見て、その後川西町の主人の実家で桜を見ます。←同じ置賜でも山の方なので春が少し遅れてきます。毎年3回桜を見ることが出来て幸せです。

人ごみを避けて遠くから(笑)
上野公園にこんな所がありました!初めて気づきました。皆さんはご存知でしたか??
 

う上野公園は平日にもかかわらず人がたくさん!ここ最近は外国人の方が増えましたね。神社があったり、丸い形の松!?があったり。

この方はどなたかご存知ですか??

馬に乗ったきっと偉い方なんだろうけど、全くわからないなぁと、銅像の側をうろうろ。

こんな方でした!!
 

 

上野公園の奥にみえた東京国立博物館!

今回散歩をしていて、一番奥にあった。東京国立博物館。ちらっと見に行くと「東寺展」なるものをやっていました。この日は子供たちはお留守番で高校からの友人と行ったのですが、「年を重ねるとこういうの面白そうだよねーーー。」お互いに興味があることを確認し(笑)「東寺展」を拝観して来ました。

中は趣のある建物がたくさん。
ここで東寺展はやっていました。
展内は写真撮影は禁止なのですが、何故かこの像だけ撮影してOKとの事。

東寺展は、空海の文書使っていたものなどの展示もあり、また如来像などの展示もあり、年号を見ると、700年代、歴史で習った空海、天台宗を開いた最澄、二人の書簡など。また、京都にある東寺から、繊細な像をどのように運んだのだろうか??様々な方のお陰で、今自分がこの展覧会でこのような昔から大切にされていたものを拝見させていただける事などに何だか感動してしまいました。(ちょっと感動するポイントが違いますかね??(笑)写真には撮れないのですが、沢山の像があり、それらは繊細な彫刻がなされています。銅像のように見えるけど木造だったり、1本の木から掘り出された像だったり、本当に昔の人ってすごい!!と思いました。

庭の散策
ちょと肌寒い日だったのですが、素敵な景色に癒されました。
 

 
しわしわの手ですみません(笑)あまりに嬉しくて写真をとっちゃいました。
庭を散策しながら、桜を見たり、宮家より寄贈された家なども見せていただきながら、桜がひらひらと舞い落ちるので、桜の花びらキヤッチしたいなぁと思っていました!そうしたらなんと!たぶん初めて!?キヤッチしました!!
とてもおすすめです!
 
 

この日はゆっくりと上野公園を散策して、「国宝東寺展」をたまたま見つけてゆっくり拝観できて、東京国立博物館の中にあるお庭を散策してとても優雅な時間を過ごすことが出来ました。上野公園は沢山の人で溢れていましたが、東京国立博物館の中はゆったりした時間が流れていて、同じ場所だけどエネルギーの違いを感じました。次回も少し東京での出来事を綴りたいと思います。よろしければお付き合いください!

それではまた!

置賜四季の暮らし舎のFBページはこちら

置賜四季の暮らし舎のInstagramはこちら

置賜四季の暮らし舎のTwitterはこちら

東京国立博物館の東寺展についてはこちら