桜も咲き誇り、お天気の良い週末は最高のお花見日和の関西でした。
皆さまお花見には行かれましたか?^^

我が家は週末、長男の入学式でした。

卒業式の時に母に借りたお着物を帯と帯締めを変えての着回し。

着付けを習うまでは恥ずかしながらまったくお着物のことを知らなかった私。
お着物の世界はとっても奥が深い。帯と帯締めを変えるだけで印象はかなり変わるのですね。
今回は春ということで桜を意識して白地に刺繍の帯とピンクの帯締めにしたので鞄もピンクのクラッチに。

 

早朝から自分で着付け、8時前に家を出発、終わって家に帰ったのは3時。もうくたくたで目が垂れ下がっております(苦笑)

卒業式は同系色の帯に緑の帯締めでした。鞄は手作りナンタケットバスケット。この時は学校も徒歩10分、午前中には終わったので目も垂れ下がってません(笑)

 

本当にまだまだ着ることに精一杯で、きれいに着るまでは到達しておりません。写真で見たら気になるところはいっぱい。さらに、式終わりに写真を撮ったので着崩れも…汗

でも、お着物は楽しい^^ 他の方のお着物姿もじっと観察しちゃいました。
お着物ウォッチングしていて感じたのは、お着物の裾は長めがエレガントだということ。短いと子供っぽく見えますね。
そして、髪型は低めの位置でまとめて、控え目がエレガント。若い娘さんの結婚式の振り袖姿でよく見かけるようなまとめ髪を高めにしてさらにキラキラの飾りを付けるようなのは婦人にはNGですね。極端にきれいな夜会巻きもクラブのママ感が出るので、その辺のさじ加減は難しいなと感じました。
ちなみに私は上下に分けて後ろでまとめ、クルリンパして最後はピンで留めています。こちらも式終わりで少々崩れ感が。

 

主役はあくまでも子供。そして式典なので、髪型も服装も控え目が美しいと感じました。
ですので、私のピンクのクラッチは派手すぎたと写真で反省しきりでした。失敗。
ベージュやクリームなどの優しい色合いのものや落ち着いたトーンのものがベストですね。素敵なかたはクリーム色のお着物にベージュのお着物用ではない皮のハンドバッグをお持ちでとてもエレガントでした。

この失敗を生かし、そしてお着物ウオッチングをして見る目を養ってもっと素敵にお着物を着られたらと願う今日この頃です。^^

入学式で見た桜は今まで見た中で一番美しいと感じた喜びの日でした♪

 

それでは今日も素敵な一日を!