先日、滋賀へ遠足に行ってまいりました^^

まず初めに、国宝の曜変天目を見に初めましてのミホミュージアムへ!

 

こちらの建築はI.M.ペイというフランスのルーブル美術館のガラスのピラミッドをデザインした建築家によるもので、建物自体も鑑賞の価値があるのです。

 

ミュージアムまでの道のりも今の季節はトンネルの向こうの桜が幻想的に見えて、ミュージアムの構想である「桃源郷」の意味を体感できるアプローチになっていました。

 

とっても可愛い10人乗りの電気自動車が走っていて、これに乗るとすぐにミュージアムまで連れて行ってもらえます。(歩いても10分かからない程度の距離ですが)

 

この日は生憎の雨だったのですが、お天気の良い日に来たらさぞかし気持ちが良いだろうなぁ。

 

中に入ると、自然と一体化したような美しい建築美を感じることができます。人もまるでオブジェのようなアートな空間!

 

この日はスケジュールが決まっていたので、曜変天目のコーナーしか見られなかったのですが、広い館内は何時間もかけて回れるほど見応えのあるミュージアムです。

 

当たり前ですが、写真は撮ることができないので全く写真が無いのですが、本当に素晴らしいミュージアムで、是非また訪れたい場所です。
今は桜のシーズンで観光客の方が多いので平日がおススメだそうですよ。土日は国宝の曜変天目茶碗を見るのに1時間待ち!だそうです。

 

そして、スケジュールが決まっていたのはこの後に滋賀と言えば…の場所に行くからなのですが、それはまた長くなるのでまた次回の食べる編に!
とっても美味しい場所です^^(関西の方ならこれで分かりますよね?!)

それでは今日も素敵な一日を!