ベーシックなのに、女性らしくてかっこいい―いつの時代も憧れられるフレンチスタイル。その中でも、「ジェーン・バーキンの再来」「次世代のフレンチアイコン」として注目されているのがJeanne Damas(ジャンヌ・ダマス)です。モデル・インスタグラマーとして活躍しながら、自身のファッションブランド“Rouje”は、昨年から「イエナ」で展開されるなど、日本でも知られた存在に。そんな彼女のファッションは、これまでのフレンチスタイルとは少し違うんです・・早速チェックしていきましょう!
 

1.デコルテを見せて、潔くセンシュアルに


pin1
pin2

とろみシャツでデコルテを見せつつ、マニッシュなボトムとの対比が好バランス。
 

pin3
pin4
pin5

鎖骨がきれいに見えるカシュクールもお気に入り。
 


★こちらがおすすめ!



2.ジャケットはオーバーサイズでゆるりと女っぽく


pin6
pin7

ジャケットをさらっと肩掛けして、アンニュイな雰囲気に。
 

pin8
pin9

ヒップが隠れる長さで、ゆるっと体が泳ぐサイズ感がポイント。
 

pin10

ジャンヌ流スーツスタイルは、淡いカラーリングとしなやか素材で女性らしさも忘れずに。


★こちらがおすすめ!

 

3.シーズンレスOK!軽妙かごバッグ使い


pin11

フレンチシックなスタイルに、ころんとしたかごバッグがポイント。
 

pin12
pin13

ジャケットスタイルにも、かごの軽やかさが効いてます。
 

pin14

かっちりとした着こなしも愛らしい雰囲気に。

pin15

バッグの無造作な扱い方が、いかにもパリジェンヌ風。


★こちらがおすすめ!


いかがでしたでしょうか?
使用しているアイテムはベーシックながら、着こなし1つでこんなにもおしゃれな空気感をまとえるのは彼女ならでは。ナチュラルな女っぽさがありつつもセクシー過ぎず、どこかにマニッシュさも取り入れて。程よい抜け感がまさに“次世代”と言われる理由なのかもしれません。私も、手持ちのかごバッグをたくさん活躍させたいなと思いました!今後のジャンヌスタイルにもますます注目です!

ピンタレストのミモレ公式アカウント「mi-mollet」もチェック!
ミモレエディターのお気に入り写真やミモレ掲載スナップ、大草直子ディレクターのバックナンバーも。ぜひフォローしてくださいね。