title
8

夜の会食には、普段メイクにプラスオンで大人の落ち着いた華やかさを【ヘアメイク長井かおりさん】

ファッションだけが完璧でも、ヘアメイクとのバランスがとれていなければせっかくのおしゃれも残念……ということはありませんか?
ヘアメイクアップアーティストの長井かおりさんの服とヘアメイクのコーディネートを拝見。プライベートで仕事で、シチュエーションに合わせた提案の数々、すぐマネしたいポイントがつまっています!

よそゆきの服を着た時って「メイクも髪も完璧にしなきゃ」と考えがちですが、かといって婦人が髪とメイクを両方盛るとどうしてもイタくなりがち……。私はいつものメイクにプラスオンすることで、華やかさとツヤだけを足すように心がけています。

服がドレッシーな服の時は、赤リップのような色の強い口紅ではフォーナルになりすぎてややトゥーマッチ。ツヤと血色感のあるベージュでシックな印象に。トップス/TOMMOROW LAND(Ballsay)、スカート/JORNAL STANDARD(NEU)(アクセサリー含めすべて長井さん私物)

プラスするだけなら、夜に照準を合わせたために日中のメイクがちぐはぐ……なんてことにもならないし、外出先からそのまま会食へ、という時にも便利です。ツヤを足すための大人も使えるキラキラコスメはプチプラでもたくさんあるので、練習のつもりでぜひ試してみてくださいね。

目元は、普段のブラウンメイクの上からキャンメイクのブルーラメ入りのピンクシャドウを重ねただけ。目尻にのみリキッドアイライナーを足して引き締めます。


<使用したアイテム> 

肌も“作りすぎない”のがポイント。夕方の肌は乾燥しているので、化粧直しの前にまず保湿ミストで水分補給をすると、ファンデやパウダーを重ねるよりも自然なツヤ肌が復活します。さらに頬の高いところにだけハイライトを足せば、華やかツヤ肌が完成!

コテは難しくてムリ、という人も、ストレートアイロンなら頑張れるはず。熱を加えることで髪自体にツヤとハリが出るうえ、後頭部を持ち上げるように当てればトップのボリューム出しにも。慣れればいろいろ使えます!

さらに、リップの引き算ロジックを髪にも応用。個人的には、華やかなふわふわ巻き髪がハマるのはむしろカジュアルな装いの時だと思っています。そこで私がおすすめしたいのが、アイロンで作るコンパクトなストレートヘア。服やメイクで頑張っている時は、これくらいシンプルな方が確実にスマートに見えますよ。

PROFILE 長井 かおりさん

雑誌を中心に活動。モデルや女優のヘアメイクだけでなく、多くの女性のヘアメイクを手がけ、「〜周囲がざわつく自分になる〜 必要なのはコスメではなくテクニック」のヒットを機にブレイク。効果的でキャッチーなメイクテクニックに定評があり、その人自身の魅力を引き出すメイクに注目が集まっている。最新刊『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』が好評発売中。最新コスメや、テクニックなども発信しているインスタグラムもチェックを。Instagram:@kaorimake

撮影/横山翔平(t.cube)
取材・文/山崎恵
構成/片岡千晶(編集部)

・第1回「初対面の人と会う日は、アプリコットメイクで好感度美人に」はこちら>>
・第2回「朝から撮影の日は、くずれも計算した時短メイクで」はこちら>>