title
9

打ち合わせには、きちんと感×トレンド色で大人のモードメイク【ヘアメイク長井かおりさん】

ファッションだけが完璧でも、ヘアメイクとのバランスがとれていなければせっかくのおしゃれも残念……ということはありませんか?
ヘアメイクアップアーティストの長井かおりさんの服とヘアメイクのコーディネートを拝見。プライベートで仕事で、シチュエーションに合わせた提案の数々、すぐマネしたいポイントがつまっています!

雑誌の編集の方など、仕事で会う人はおしゃれな方ばかりなので、服はシャツなどできちんと感を残しつつも、今っぽさを意識したコーディネートに。また新しいメイクの提案をすることも多いので、カラーや質感などのメイクトレンドを自分自身でもまとうようにしています。

髪や肌でバランスをとるのが、お仕事服からモードメイクを浮かせないコツ。シャツ/URBAN RESARCH(FORK&SPOON)(アクセサリー含めすべて長井さん私物)

今季のメイクトレンドの中でも、イチ押しはイエロー。いろんなブランドから出ていて種類も豊富なので、ぜひお気に入りを探してみてください。リップのマットブラウン、チークで入れたほんのりブラウンを感じさせるモーヴピンクも、すべてトレンドカラーです!

ビビットな色にいきなり挑戦するのが怖ければ、ブラウンのアイラインを目のキワに引いてから、上からシャドウを重ねると、自然になじみます。リップはクレヨンタイプなら塗り直しも簡単。


<使用したアイテム> 

肌は、パウダリーファンデでほんの少しきちんと感を。ただパウダリーは乾燥して見えることもあるので、しっとりした質感を演出するシャネルのスティックで、顔の高いところに濡れ感を足していきます。ツヤではなく “湿度”をプラスすることで、ぐっと今っぽい肌に。
髪も8:2の分け目にして、きちんとした印象に雰囲気チェンジ。ただここでひっつめ髪にしてはせっかくのモードメイクが台無し。無造作な一つ結びで、抜け感を出しています。

一つ結びにこなれ感を出すには、全体にざっくりした毛束感を出すことと、後れ毛がポイント。慣れれば簡単なので、動画を見ながらぜひ練習してみてください。

髪全体にワックスをなじませ、あえてボサボサの状態にしてから、分け目を8:2の位置に取って一つにまとめる。片手で結び目を押さえながら、もう片方の手でトップ~後頭部の髪をつまみ出し、ボリュームを出す。こめかみ、もみあげ、耳の後ろから後れ毛を出し、結び目にヘアアクセを差して完成。

今回のように一度に何色も使うメイクは、自分でやるには難しそうと思うかもしれませんが、こんな風にあれこれ盛り込んでも、新色同士だと不思議とうまくまとまるんです。トレンドカラーを使ったメイクは、今っぽいメイクがしたい、でもテクには自信がないという人にこそおすすめです!

PROFILE 長井 かおりさん

雑誌を中心に活動。モデルや女優のヘアメイクだけでなく、多くの女性のヘアメイクを手がけ、「〜周囲がざわつく自分になる〜 必要なのはコスメではなくテクニック」のヒットを機にブレイク。効果的でキャッチーなメイクテクニックに定評があり、その人自身の魅力を引き出すメイクに注目が集まっている。最新刊『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』が好評発売中。最新コスメや、テクニックなども発信しているインスタグラムもチェックを。Instagram:@kaorimake

撮影/横山翔平(t.cube)
取材・文/山崎恵
構成/片岡千晶(編集部)

・第1回「初対面の人と会う日は、アプリコットメイクで好感度美人に」はこちら>>
・第2回「朝から撮影の日は、くずれも計算した時短メイクで」はこちら>>
・第3回「夜の会食は、普段メイクにプラスオンで落ち着いた華やかさに」はこちら>>